「ひるね姫」新キャストに江口洋介、満島真之介、古田新太ら 岡山弁での演技に挑戦 | アニメ!アニメ!

「ひるね姫」新キャストに江口洋介、満島真之介、古田新太ら 岡山弁での演技に挑戦

ニュース

神山健治監督の新作アニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、2017年3月18日より公開となる。高畑充希が主演を務めることは既に報じられているが、このたび第2弾キャストとして江口洋介のほか、満島真之介、古田新太、高橋英樹、前野朋哉らが出演することが明かされた。江口、満島の両名は岡山弁での演技に挑んでいる。

『ひるね姫』は「最近、同じ夢ばっかり見る」という女子高生・森川ココネを主人公とした、“ワタシ”と“夢”の物語だ。『キングダム ハーツ』の下村陽子を音楽に、『猫の恩返し』の森川聡子をキャラクター原案に、そして『ベイマックス』のコヤマシゲトをハーツデザイン原案に迎えており、東京オリンピックを目前にした夏の事件と、その謎を解くカギとしての“ココネの不思議な夢”が描かれていく。

本作を「とにかく“前進力”のあるココネちゃんを中心としたスピード感のある作品」と見る高畑に父親役として接するのは、声優初挑戦となる江口だ。「間の取り方や、 岡山弁が難しかった」と振り返るが、「後半は慣れて、発声の際の声の圧の楽しみ方が分かった」という。「この映画は、是非女の子に見て欲しいですね」と締めくくった。
同じく岡山弁での演技となった満島は、「ココネに引っ張られながらも、自分の持ってる力を駆使して彼女を守る、純粋な青年」である、幼馴染みのモリオを演じた。「神山監督のすべてが詰まった、”神山ワールド”全開」という本作への参加を「飛び上がるほど嬉しかったです」と喜びつつ、「完成おたのしみに!」と期待を誘った。

このほか悪役を楽しんで演じたという古田が「何にでもなれるところが楽しいですよね」と語れば、“アニメに憧れを抱く”という高橋も「実写ではあり得ないアングルを映せる、憧れのようなショットが撮れるので個人的に好きなジャンルです」と熱を込め、前野も「声優をさせて頂ける機会があまりないので、まずとても楽しかったです」と述べるなど、各俳優それぞれが“神山アニメ”への参加を楽しんだ様子を見せている。

豪華俳優陣が名を連ね、より充実した『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。今後の続報がますます注目されていきそうだ。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』
2017年3月18日(土) 全国ロードショー

(C)2017 ひるね姫製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集