「ちはやふるフェスティバル」聖地・府中市で開催 キャスト出演のトークショーも | アニメ!アニメ!

「ちはやふるフェスティバル」聖地・府中市で開催 キャスト出演のトークショーも

ニュース

『ちはやふる』の聖地である東京都府中市が、同作のスペシャルイベント「ちはやふるフェスティバルin府中2016」の開催を発表した。2016年11月12日・13日の2日間にかけて、舞台となった府中市や、作品のテーマである「競技かるた」の魅力を伝えていく。

末次由紀が講談社「BE・LOVE」にて連載中の『ちはやふる』は、競技かるたに情熱をかける高校生たちの鮮烈青春ストーリーだ。天性の聴力を武器に“クイーン”を目指すA級選手・綾瀬千早を中心とした、瑞沢高校競技かるた部の面々による熱いドラマが人気を博している。2009年の第2回マンガ大賞受賞を筆頭に、2010年には宝島社「このマンガがすごい!」でオンナ編の1位を獲得、2011年には第35回講談社漫画賞の少女部門を受賞と大きな評価を得ているだけでなく、2度のアニメ化と広瀬すずを主演に迎えての実写映画化も果たした。

府中の森芸術劇場・平成の間で行われる本イベントでは、ほとんど公開されることのない原作コミックの貴重な原画や、初公開となる2016年「BE・LOVE」20号表紙イラスト制作風景の写真、さらにはアニメの複製原画、映画で使用された衣装・小道具など、幅広いメディアミックスを果たしている同作ならではの品々が展示される。
さらにかるたの現“クイーン”である坪田翼氏や、原作のモデルとなった「府中白妙会」による模範試合、アニメで千早役を務めた瀬戸麻沙美と監督の浅香守生によるトークショーなど、実際のかるた競技者や制作側の生の声を聞くことができる企画もあるという。作品世界をより深めたいファンの、ニーズに応えた内容となりそうだ。

その他会場では、府中市によるオリジナルグッズ販売や観光PRだけでなく、実写映画のロケ地となった滋賀県大津市と福井県あわら市によるオリジナルグッズ販売なども展開予定だ。存分に『ちはやふる』に浸れる2日間となるだけに、ぜひ足を運んでみたい。

「ちはやふるフェスティバルin府中2016」概要
日時: 2016年11月12日(土)、13日(日) 10時~17時(入場無料)
会場: 府中の森芸術劇場・平成の間(東京都府中市浅間町1-2)
    京王線 東府中駅より徒歩7分

(C)末次由紀/講談社
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集