「刃牙」シリーズ連載25周年を記念した原画展が開催 グッズ販売や等身大パネルも | アニメ!アニメ!

「刃牙」シリーズ連載25周年を記念した原画展が開催 グッズ販売や等身大パネルも

マンガ『刃牙』シリーズが2016年で連載25周年を迎えた。その25周年を記念して、「刃牙シリーズ複製原画展」の開催が決定。10月6日から10日までの期間、東京の飯田橋にあるspace TORICOで開催される。

ニュース
板垣恵介によるマンガ『刃牙』シリーズが2016年で連載25周年を迎えた。それを記念し、「刃牙シリーズ複製原画展」の開催が決定。10月6日から10日までの期間、東京の飯田橋にあるspace TORICOにて開催される。

『刃牙』シリーズの第1作目『グラップラー刃牙』は、1991年に「週刊少年チャンピオン」にて連載がスタート。その後『バキ』、『範馬刃牙』と続編が発表され続け、2014年より『刃牙道』が「週刊少年チャンピオン」にて連載中だ。シリーズ累計発行部数は6300万部を越えている。原作マンガの人気を受けて、テレビアニメ化、ゲーム化などメディア展開も盛んに行われてきた。
2016年で連載25周年を迎え、それを記念して新たなアニメ化企画も進行中だ。12月6日発売の単行本14巻限定版に、オリジナルアニメDVDが付属する。

今回開催が決定した複製原画展では、100枚を超える複製原画を展示。さらに刃牙らキャラクターたちの等身大パネルも登場する。会場限定のオリジナルグッズの販売も行われる。このほかOADが収録される14巻を会場で申し込むことも可能で、会場で申し込むとスペシャル特典がプレゼントされる。

イベントは、10月6日から10日までの5日間、東京・飯田橋にあるspace TORICOにて開催。入場料は無料のため、誰でも気軽に楽しむことができる。

【刃牙25周年記念-刃牙シリーズ複製原画展】
▼開催日時
2016年10月6日(木)~10日(月・祝)
OPEN 11:00 / CLOSE 19:00

▼会場
space TORICO (株式会社TORICO 1Fイベントスペース)
東京都千代田区飯田橋2-3-6

▼入場
無料
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集