「GANTZ:O」のVRアトラクションが登場 会場では制作資料も展示 | アニメ!アニメ!

「GANTZ:O」のVRアトラクションが登場 会場では制作資料も展示

ニュース

3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』は10月14日に全国公開を迎える。このたび、映画公開を記念した特別展示会「『GANTZ:O』-驚愕の映像世界への転送体験-」の開催が決定した。9月14日から10月23日まで新宿NEWoMan LUMINE0にて行われる。体験エリアでは映画の世界を楽しめるVRアトラクションが登場する。

「『GANTZ:O』-驚愕の映像世界への転送体験-」では貴重な制作資料やイメージボード、絵コンテなどが公開される。さらにガンツ製造工場を思わせる体験エリアでは、映画世界に擬似転送されるガンツ型のVRアトラクションを展開。映像は『青鬼 ver.2.0』でホラー映画の監督経験を持ち、ゲームシネマティックムービーを得意とする前川英章が監督を担当。『GANTZ:O』の監督を務めた川村泰も監修に参加した。
専用の半球形型回転椅子にはボディーソニックユニットが仕込まれており、映像コンテンツと連動して身体に直接振動が伝わってくる特別仕様となっている。『GANTZ:O』のVRアトラクションで臨場感と恐怖を体験すれば映画もより楽しめそうだ。
展示会の入場は無料。VRアトラクションの利用料は一回900円(税込)で、体験者には記念品がプレゼントされる。なお会場では『GANTZ:O』アートカードの販売も行う。

『GANTZ:O』は奥浩哉が「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載していたSFアクション『GANTZ』が原作だ。『GANTZ:O』は作中でもとくに人気が高い大阪編を3DCGアニメ化している。主人公・加藤勝役の小野大輔、ヒロイン・山咲杏役のM・A・Oをはじめ、人気声優陣の熱演も見どころとなっている。

『GANTZ:O』
10月14日全国ロードショー

映画公開記念特別展示『GANTZ:O』-驚愕の映像世界への転送体験-
会期: 2016年9月14日(水)~10月23日(日)11:00-21:00
会場: SHINJUKU NEWoMan 5F LUMINE 0 (新宿ニュウマン5F ルミネゼロ)
入場: 入場無料 VRアトラクション900円(税込/記念品付き)

(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集