「奇異太郎少年の妖怪絵日記」キャスト発表 主演・五十嵐裕美らのコメントも到着 | アニメ!アニメ!

「奇異太郎少年の妖怪絵日記」キャスト発表 主演・五十嵐裕美らのコメントも到着

ニュース

2016年10月の放送開始が告知されているアニメ、『奇異太郎少年の妖怪絵日記』の主要キャストが発表となった。主人公の「霊感美少年」・奇異太郎役は五十嵐裕美に決定。合わせて放送情報も明らかとなり、いよいよアニメの全貌が見えてきた。

『奇異太郎少年の妖怪絵日記』は、マイクロマガジン社運営のWEBコミックサイト「マンガごっちゃ」にて連載中の、影山理一による怪異ギャグコメディ。霊感の強い少年・奇異太郎と座敷童子・すずの同棲生活を舞台に、妖狐や雪女といったさまざまな怪異との交流が描かれる。妖怪なのに怖くない、新感覚の作品だ。

主演となる五十嵐は、奇異太郎役について「キャラデがカワイィ」としつつも、「クールさは残しつつ、すずと楽しいやり取りができるように」とコメント。『会長はメイド様!』の兵藤葵役で見せたような、美少年の演技に期待が集まりそうだ。
座敷童子のすずは、新人声優の仲田ありさに決定。見どころを「妖怪が愛おしくなるとっても楽しい作品」と語り、すず役として出演することについて「子供っぽくもお年寄りめいているという不思議な魅力や、座敷童子という妖怪特有の怪しさなど、色々なすずちゃんをお届けしたい」と、熱い意気込みを見せた。

このほか、雪娘役には「妹感と無邪気なところを精一杯表現したい」という長縄まりあ、狐面の女役には「妖艶さは抑えつつもコミカルでムードメーカーな茶目っ気さを」と語る喜多村英梨、雪母役には「「母」ということをあまり意識せず(笑)のびのび楽しみたい」と述べた大原さやかがそれぞれ配役。原作の雰囲気そのままに、賑やかなやり取りを楽しめそうだ。

『奇異太郎少年の妖怪絵日記』は、TOKYO MXとサンテレビにて、10月5日より放送開始。「いつでもそばにいる」怪異たちとの日常がはじまるまで、もう間もなくだ。

『奇異太郎少年の妖怪絵日記』
[放送情報]
TOKYO MX: 10月5日より毎週水曜日22:33~
サンテレビ: 10月5日より毎週水曜日24:03~

[スタッフ]
原作: 影山理一
総監督: ひらさわひさよし
シナリオ: WORDS in STEREO
キャラクターデザイン: 今岡律之
アニメーション制作: Creators in Pack

「奇異太郎少年の妖怪絵日記」
(C)影山理一 / マイクロマガジン社・奇異太郎少年の妖怪絵日記制作委員会
《仲瀬コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集