SFアクション大作「AKIRA」「スプリガン」を二本立て上映 目黒シネマにて8月27日から | アニメ!アニメ!

SFアクション大作「AKIRA」「スプリガン」を二本立て上映 目黒シネマにて8月27日から

アニメ映画『AKIRA』と『スプリガン』の二本立て上映が決定した。東京の名画座・目黒シネマにて、8月27日から9月9日まで二週間上映される。

ニュース
アニメ映画『AKIRA』と『スプリガン』の二本立て上映が決定した。東京の名画座・目黒シネマにて、8月27日から9月9日まで二週間上映される。今でも多くのファンを魅了する名作を映画館のスクリーンで楽しめることになった。

『AKIRA』は1988年に公開され、日本のみならず国外でも人気を博したSFアクションである。物語の舞台はオリンピック開催を直前に控える2019年のネオ東京。第三次世界大戦の核爆発からの繁栄を取り戻しつつある都市で、超能力者のアキラを巡って、軍隊やゲリラ、暴走族たちが戦いを繰り広げていく。
監督・脚本は原作者の大友克洋が自ら担当。主人公・金田正太郎が操るバイクシーンや民族音楽を取り入れた芸能山城組の劇伴はファンの間で語り草となっている。キャストは主演の岩田光央をはじめ、佐々木望、小山茉美などを起用した。「さんをつけろよデコ助野郎」といった名ゼリフも注目ポイントだ。

『スプリガン』は原作・たかしげ宙、作画・皆川亮二のマンガが原作。総監修に大友克洋、監督に川崎博嗣を迎えて、1998年に劇場公開された。こちらも『AKIRA』と同様に、激しいアクションが人気の作品だ。
世界中の古代文明を封印する組織アーカム。そのトップエージェント・スプリガンの一員である御神苗優の活躍を描いている。主演は『Classroom☆Crisis』や『初恋モンスター』の森久保祥太郎が務めた。
なお目黒シネマでの上映素材はどちらもフィルムを予定している。Blu-rayなどのデジタル素材とはまた違ったフィルムの味わいを感じられる貴重な機会となった。価格は一般1500円、学生1200円、シニア900円(全て税込)。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集