「大平晋也展~エフェクトするキャラクターの世界~」ササユリカフェにて開催決定 | アニメ!アニメ!

「大平晋也展~エフェクトするキャラクターの世界~」ササユリカフェにて開催決定

アニメーター・大平晋也の仕事を振り返る展示会「大平晋也展~エフェクトするキャラクターの世界~」の開催が決定した。8月11日から9月4日まで東京・西荻窪のササユリカフェにて行われる。

ニュース
アニメーター・大平晋也の仕事を振り返る展示会「大平晋也展~エフェクトするキャラクターの世界~」の開催が決定した。8月11日から9月4日まで東京・西荻窪のササユリカフェにて行われる。

大平晋也は1980年代にアニメーターとしてデビュー。90年代にコンテ・演出を手がけたOVA『THE 八犬伝~新章~』第4話は、それまでのエピソードとは大幅に異なるビジュアルを採用し、アニメファンだけでなく業界内でも話題となった。
その後、アニメーターを一時引退したものの90年代後半に復帰すると、スタジオジブリの『ハウルの動く城』や『風立ちぬ』、Production I.Gの『イノセンス』や『ももへの手紙』をはじめ、多くの大作で重要パートを担当。他の追随を許さない唯一無二のアニメーションでファンを魅了し続けている。

ササユリカフェのオーナーシェフ・舘野仁美は「エフェクトアニメーションを極めつくしたと言える大平晋也さんの職人技はキャラクターすらエフェクトに飲み込まれてしまったかのように錯覚させられます」とその特徴を語る。今回の展示会については「動きを紡ぎだすために不可欠なタイムシート操作の妙も可能な限り集めてご紹介できたらと考えております。震えるような描線、流麗で官能的なアニメーション世界をぜひご堪能ください」とメッセージを寄せた。
会場では『ももへの手紙』、『お伽草子』、『西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可』の原画カット、ラフ原画、設定を中心に、多彩な展示物をラインナップする。キャラクターだけでなく雨や波などの描写にも注目したい。

ササユリカフェは2014年12月に西荻窪にオープン。スタジオジブリのアニメーターとして動画チェックを務めたアニメーター・舘野仁美がオーナーを務めている。店舗内で実施される企画展も人気を博しており、これまで吉田健一、なかむらたかし、大塚康生など、アニメーターをテーマにした展示を行ってきた。
[高橋克則]

「大平晋也展~エフェクトするキャラクターの世界~」inササユリカフェ
期間: 2016年8月11日~9月4日(火曜・水曜定休、その他お盆特別営業や貸切営業などあり)
時間: 11:30~21:30ラストオーダー
入場料: ワンオーダー
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集