「デスノート」最新作のポスタービジュアルが明らかに キラとLも君臨 | アニメ!アニメ!

「デスノート」最新作のポスタービジュアルが明らかに キラとLも君臨

ニュース

『デスノート Light up the NEW world』は10月29日に全国公開を迎える。このたび、本作のポスタービジュアルが発表された。大都市が光と闇で二分され、壮絶なデスノート争奪戦を予感させる仕上がりとなった。

ポスタービジュアルには、デスノートの封印に燃える捜査官・三島創役の東出昌大、Lの遺伝子を継ぐ後継者の世界的名探偵・竜崎役の池松壮亮、キラの信奉者にして狂気のサイバーテロリスト・紫苑優輝役の菅田将暉が登場。真剣な眼差しを向ける三島、Lの象徴と思われる「ひょっとこ」を手にする竜崎、リュークの好物であるりんごを持つ紫苑と、三者の異なる立ち位置を表現している。
その後方には弥海砂役の戸田恵梨香の姿が確認できた。彼女がデスノートを抱きかかえているのも、まだ見ぬストーリーへの想像をかき立てていく。背景には東京の夜景が広がり、その空には死神・リュークの影が映し出された。空の左側はキラ、右側にはLと、デスノートをめぐり死闘を繰り広げた天才たちも君臨している。

ポスターの中心には「あの事件から10年―― これで、すべてを終わらせる。」という意味深なキャッチコピーが書かれている。果たして世界は光と闇のどちらに染まるのだろうか。原作にありながら未だ使用されていなかった6冊ルールを駆使して展開する最新作の行方に期待が高まっていく。

本作は2003年から06年にかけて「週刊少年ジャンプ」にて連載されたマンガが原作。06年に公開された実写映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』、08年公開のスピンオフ作『L change the WorLd』の続編である。前3作の日本国内での興行収入は112億円を越えているだけに、最新作にも熱い視線が注がれている。
[高橋克則]

『デスノート Light up the NEW world』
10月29日より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国ロードショー

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集