劇場アニメ「BLAME!」Netflixで独占配信決定 弐瓶勉・原作の傑作SFアクションが全世界へ | アニメ!アニメ!

劇場アニメ「BLAME!」Netflixで独占配信決定 弐瓶勉・原作の傑作SFアクションが全世界へ

ニュース

弐瓶勉によるSFアクションマンガ『BLAME!』の劇場アニメ化プロジェクトが進行中だ。このたび、本作がNetflixで独占配信されることが決定した。ポリゴン・ピクチュアズ制作による注目の3DCGアニメーションが、日本のみならず全世界に向けて届けられることになった。

『BLAME!』は、1997年から2003年まで講談社の「アフタヌーン」で連載されたSF漫画だ。「違法住居者」として人類が駆除・抹殺されるという未来を舞台に、主人公の探索者・霧亥の旅路を描く。
監督を務めるのは、同じくNetflixにて配信中の『亜人』などを手がける瀬下寛之。原作の弐瓶氏とのタッグは、SFアニメ『シドニアの騎士』から二度目となる。アニメーション制作は、同じく『シドニアの騎士』や、『トランスフォーマー プライム』、『スターウォーズ:クローンウォーズ』などを手がけた日本有数のデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズが担当する。

今回、劇場公開に加えて、動画配信サービス・Netflixでの配信が決定した。Netflixは世界190以上の国で、8300万人以上のメンバーが利用しており、ドキュメンタリーや長編映画など、1日1億2500万時間を超える映像を配信している。
さらにNetflixは日本のアニメを重要なコンテンツとして捉えており、同じくポリゴン・ピクチュアズ制作の『亜人』を日本国外に独占配信した実績がある。今回のビッグタイトルの配信決定により、日本での存在感をより強めそうだ。

今回の配信について、Netflix のオリジナルコンテンツ バイスプレジデントを務めるデイビッド・リーは「ポリゴン・ピクチュアズとタッグを組み、Netflix で最新作『BLAME!』を世界中のファンの皆さまにお届けできることを大変嬉しく思っています」と喜びを語る。
また配信は、最先端の高画質技術HDR(ハイダイナミックレンジ)にて実施される。ポリゴン・ピクチュアズの塩田周三は、「映像の一部を観ましたが、大変革新的な作品に仕上がっており、特にHDRで観ると際立って素晴らしいです」と期待を誘う。

原作が描く、独特な世界観や圧倒的なスケール感がどう表現されるのか、今から目が離せない。

『BLAME!』
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集