「BLAME!」ティザーPV公開 ハードなSF世界を3DCGで描き出す | アニメ!アニメ!

「BLAME!」ティザーPV公開 ハードなSF世界を3DCGで描き出す

ニュース

『シドニアの騎士』などで知られる弐瓶勉の傑作マンガ『BLAME!』がアニメ映画化される。このたび、先日公開されたキービジュアルに続き新情報が届いた。ティザーPVが公開され、新たなスタッフ情報も明かされた。

『BLAME!』は、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉のデビュー作である。劇場アニメ化にあたって、監督を瀬下寛之、アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが手がけるなど、『シドニアの騎士』制作陣が集結することがすでに明かされていた。
今回、新たなスタッフ陣が発表された。副監督/CGスーパーバイザーを吉平直弘、脚本を村井さだゆき、プロダクションデザイナーを田中直哉、キャラクターデザイナーを森山佑樹、色彩設計を野地弘納が務める。『シドニアの騎士』で活躍したスタッフが名を連ねた。弐瓶勉が描くハードな世界観をアニメでも忠実に再現してくれるだろう。



さらに劇場版のオリジナルストーリーも公開された。劇場版ではセーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕している村で暮らす少女・づるを中心に描かれる。村を救うため旅に出た彼女は、「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)と出会うことになるのだ。今回発表されたティザーPVからも物語の断片を捉える。

この発表に先駆ける形で、7月21日~24日にサンディエゴにて開催された「コミコン2016」にも『BLAME!』のスタッフ陣が参加した。23日(土)には、原作者・弐瓶勉、監督の瀬下寛之がパネル登壇し、本作の最新情報を発表した。
全世界に先駆けて初公開となったティザーPVが会場で流されると、その圧倒的な映像のクオリティにファンも興奮していた様子。これ以外にもイベント期間中は弐瓶と瀬下のトークショウのほか、弐瓶のサイン会やメディア取材も実施。北米の熱狂的なファンが多数駆けつけていた。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集