「3月のライオン」BUMP OF CHICKENが主題歌アーティストに決定 OP・EDで2曲担当 | アニメ!アニメ!

「3月のライオン」BUMP OF CHICKENが主題歌アーティストに決定 OP・EDで2曲担当

ニュース

2016年秋より放送されるTVアニメ『3月のライオン』の主題歌をBUMP OF CHICKENが担当することが決定した。オープニング主題歌、エンディング主題歌の2曲を歌い、楽曲面で作品を盛り上げていく。

『3月のライオン』は白泉社が発刊する「ヤングアニマル」で連載中の羽海野チカのマンガだ。2016年秋よりNHK総合にて放送される。アニメーション制作は『<物語>シリーズ』『魔法少女まどか☆マギカ』で知られるシャフト、監督は新房昭之が務める。

『3月のライオン』ととBUMP OF CHICKENのコラボレーションは、今回で2度目。その縁は2014年11月に発表された「3月のライオン」コミックス10巻とBUMP OF CHICKEN「ファイター」に遡る。単行本の10巻が発売した2014年11月に、コラボとして、BUMP OF CHICKENはマンガに呼応した楽曲として「ファイター」を書き下ろし、羽海野チカがそれを聞いて前日譚ともいえるスピンオフ漫画を描き下ろした。この「ファイター」はテレビアニメのエンディングテーマに起用されたが、一方のオープニング主題歌は書き下ろし新曲となる。

2度目のコラボについて、BUMP OF CHICKENは「大好きな漫画「3月のライオン」ともう一度コラボレーションできることを大変嬉しく思います。今とても続きが気になっていて、早く読みたいです」と喜びのコメント。アニメ化については「羽海野チカ先生の素敵な画がアニメではどのように表現されるのかということや、また今まで文字で読んでいた名ゼリフの数々を実際に耳で聴けるということなどが、今からとても楽しみです。放送開始が待ち遠しいです」と期待をあらわにした。

『3月のライオン』は2017年に実写映画の公開も控えている。アニメとあわせて大きく世間を賑わしそうだ。

『3月のライオン』
(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集