実写版「3月のライオン」有村架純、佐々木蔵之介ら追加キャスト発表 | アニメ!アニメ!

実写版「3月のライオン」有村架純、佐々木蔵之介ら追加キャスト発表

ニュース

2017年春に前編、後編の2部作で実写化されることが発表された羽海野チカ原作の『3月のライオン』。漫画賞を総なめにした傑作が若手俳優随一の演技派、神木隆之介主演で映画化されることがアナウンスされていたが、今回追加キャストが発表された。
佐々木蔵之介、伊藤英明、加瀬亮、倉科カナ、清原果耶、新津ちせ、前田吟、有村架純、豊川悦司というベテランから新星まで豪華な顔ぶれが名前を連ね、一層期待が高まる作品となっている。

『3月のライオン』は『ヤングアニマル』で連載されている将棋漫画だ。中学校三年生でプロに棋士になった主人公桐山零が失ったもの取り戻すために将棋を通して戦っていく物語だ。
主演の神木隆之介はいまや日本映画界においてなくてはならない名優として成長し、今回の零役ははまり役だと評判だ。そしてそんな本作のメガホンを取るのは、神木も出演し、大ヒットを記録した実写版『るろうに剣心』を監督した大友啓史だ。

今回発表された神木以外のキャストたちも本作への意気込みは並々ならないものがある。まず、神木同様実写映画化発表後に原作ファンがネット上でキャスティングを熱望した棋士・島田を演じる佐々木蔵之介は、「ご期待に応えられるのか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります」と原作キャラを意識してコメント。同じく原作ファンの間で川本三姉妹の長女・あかり役の支持が厚かった倉科カナは、「もし演じるなら、いつかは「あかりさん」を演じたいなっと思っていた」とコメント。
プロ棋士の中でも天才・宗谷を演じる加瀬亮は「食堂で食券を渡す時に人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています。」とコメントし、後藤九段を演じる伊藤英明も「男と男の勝負の世界にどっぷり浸かっていくのにゾクゾクしました。」と映画の緊迫感が伝わるコメントを残している。500人ものオーディションを勝ち抜いて川本家次女・ひなたに選ばれた清原果耶は、「自分の中に強い芯を持っているけど、どこか儚い。そんなひなたを私なりに精一杯演じたいと思います。」と語り、『プラチナデータ』以来の大友組となる豊川悦司は零の義父・幸田での出演に「久しぶりに大友作品に帰ってこれて、とても嬉しく思っています。」と喜びを伝えた。

そして、これまで演じてきた役柄とは異なり、零の義姉であり、美しくも気性の激しい女性・香子に挑戦した有村架純は、「毎回密度の濃い撮影でした。何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした。」と手ごたえを感じさせるコメントを寄せた。かつてTVドラマでは神木が兄で、有村が妹役を演じたこともあるので、立場が逆転したこの関係にも注目したいところだ。

豪華なキャストと確かなスタッフで満を持して実写化される本作。2017年春公開までまだと届くであろう続報に期待したい。

『3月のライオン』

監督:大友啓史
主演:神木隆之介
原作:羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
制作プロダクション:アスミック・エース、ロボット   
配給:東宝=アスミック・エース

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集