「バッテリー」先行上映会に内山昂輝、畠中祐らが登壇 anderlustによるライブも | アニメ!アニメ!

「バッテリー」先行上映会に内山昂輝、畠中祐らが登壇 anderlustによるライブも

ニュース

左から anderlust(西塚真吾、越野アンナ)、内山昂輝、畠中祐、梅原裕一郎、石川界人(c)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会
  • 左から anderlust(西塚真吾、越野アンナ)、内山昂輝、畠中祐、梅原裕一郎、石川界人(c)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会
  • (c)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会
  • (c)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会
テレビアニメ『バッテリー』は7月14日よりフジテレビ・ノイタミナほかにて放送がスタートする。6月26日には本作の先行上映会が開催された。会場のTOHOシネマズ新宿にメインキャスト陣が登壇し、ユニット・anderlustのライブも行われた。

第1話と第2話の先行上映後に登壇したのは、原田巧役の内山昂輝、永倉豪役の畠中祐、海音寺一希役の梅原裕一郎、東谷啓太役の石川界人の4人だ。まずはそれぞれのキャラクターについてコメントを披露した。
天才ピッチャーの巧を演じる内山は「巧は冷静沈着な性格でプライドが高い面があります。一方原作を読んでみると感情表現豊かで冗談を言い合う場面や、熱くなる部分もあって、いろいろな面を持った複雑なキャラクターだと思います」と語る。そんな巧のボールに魅せられた豪役の畠中は「豪は前向きで明るく周りを見ているキャラクターです。巧と、巧のボールにどう関わっていくのかに注目していただきたいです」とポイントを挙げた。

一希は新田東中学野球部のキャプテンである。彼を演じる梅原は「4番でショートをやっています。真面目で無口なのですが、豪や巧と関わるシーンも多く、演じていて楽しいキャラクターです」とコメント。
豪の友人である啓太については、石川が「沢口と豪と小さい頃から仲が良く、巧と豪の仲を気遣っています。諍いがあった時の仲裁役的なキャラクターです」と紹介した。野球のシーンはもちろん、登場人物の人間関係にも注目したい。

さらにサプライズゲストとして、オープニング・テーマ「いつかの自分」、エンディング・テーマ「明日、春が来たら」を歌うanderlustの越野アンナと西塚真吾が登壇。二人は「私達の楽曲が『バッテリー』の一部になるということが夢みたいで光栄です」と自らの想いを語り、爽やかな歌声を会場に届けた。
最後は内山が「皆で協力して良い雰囲気の中で収録が進んでいます。良い仕上がりになっていると思いますので皆様ご期待ください」、畠中が「現場は静かですが熱のこもったアフレコをしているので、熱い作品になると思います。最後まで『バッテリー』を観ていただけたらと思います」とメッセージを伝え、上映会は大盛況の内に幕を閉じた。
[高橋克則]

テレビアニメ『バッテリー』
7月14日よりフジテレビ・ノイタミナほかにて放送開始

(c)2016あさのあつこ・角川文庫刊/アニメ「バッテリー」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集