「Force of Will」映画化決定 トップクリエイターによる短編オムニバスに | アニメ!アニメ!

「Force of Will」映画化決定 トップクリエイターによる短編オムニバスに

ニュース

トレーディングカードゲーム『Force of Will』のアニメーション製作プロジェクトが始動した。その第1弾として2018年のリリースに向けて、『Force of Will the Movie』が制作される。
『Force of Will』はFORCE OF WILL株式会社が企画・開発・制作・販売しているトレーディングカードゲーム。米国では『マジック・ザ・ギャザリング』『遊☆戯☆王』『ポケモン』に次ぐ人気を獲得している。

今回制作される『Force of Will the Movie』は『Force of Will』のコンセプトを引き継いだ約15分の短編アニメーション6作品から構成されるオムニバス長編映画となる。『Force of Will』の世界観と同じく、民話や神話、童話をベースとした6つの異なるエンタテイメント作品が描かれる。
そんな6つの昨品を作るクリエイターには日本のトップクリエイター陣が参加。『カクレンボ』のYAMATO WORKSが制作するのはクトゥルフ神話をベースとした『Cthulthu』を制作。スタッフには『九十九』で米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた森田修平氏、キャラクターデザインはトップアニメーターの田中達之氏が参加。台湾の制作スタジオTWR Entertainmentが制作する西遊記の物語『Monkey King』には、2016 年に公開された劇場版『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』で監督を務めた林祐一郎氏、天神英樹氏がキャラクターデザインを務める。ゾンビを題材にした『Zombie』を制作するのは。監督に須貝真也氏、キャラクターデザインに島村秀一氏、メカニックデザインに柳瀬敬之氏と豪華スタッフ陣の作品にも注目したい。

そんな日本のクリエイター陣が本作の世界観に因んだ15分の作品を制作する本作。公開時期などはまだ未定ということで、続報を待ちたい。
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集