富野由悠季がNHKカルチャー講演会に登壇 「仕事力」を語る | アニメ!アニメ!

富野由悠季がNHKカルチャー講演会に登壇 「仕事力」を語る

ニュース

『機動戦士ガンダム』や『伝説巨神イデオン』を手掛けた、富野由悠季監督が名古屋で行われるNHKカルチャー講演会に登壇することが明らかとなった。「富野監督が語る「仕事力」~企画・映像・個性の問題~」と題し、仕事に対する持論を展開する。

NHKカルチャー講演会は、北海道から九州まで約50教室ほど展開している。講座は政治や考古学、文芸にダイエット、音楽など幅広いジャンルがあり、著名な講師が呼ばれることも多い。2015年9月には、特別講演会として安彦良和も登壇した。
今回富野監督が登壇することになったのは、9月に行われる名古屋教室の講座だ。単発のものなので、これ1回のみとなる。40年以上アニメ業界の第一線で仕事を続ける富野監督が「仕事力」について語る。原作をはじめ絵コンテ、演出、脚本といった幅広い活動をしてきた富野監督ならではの話が聞けそうだ。
講座は、9月11日の14時から15時30分まで。受講料は会員と一般どちらも2,700円(税込)で、自由席となっている。受講申し込みはNHKカルチャー講演のホームページからできる。

富野由悠季は1972年の『海のトリトン』から、『機動戦士ガンダム』や『伝説巨神イデオン』、そして『OVERMANキングゲイナー』、『ガンダム Gのレコンギスタ』などを手掛けてきた。それぞれの作品の小説なども執筆し、作詞を手掛けることもある。

監督がどのようなことを語るのか、「仕事力」ということで、どのような話が飛び出すのか気になるファンも多いだろう。開催は9月11日、単発の講座とあって、貴重な1回となりそうだ。

「富野監督が語る「仕事力」~企画・映像・個性の問題~」
日時: 2016年9月11日(日)14:00~15:00
会場: NHKカルチャー講演 名古屋教室
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集