「デスノート」続編、新たな“所有者”は最高裁判事 船越英一郎が争奪戦へ | アニメ!アニメ!

「デスノート」続編、新たな“所有者”は最高裁判事 船越英一郎が争奪戦へ

ニュース

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
映画『デスノート Light up the NEW world』が2016年10月29日に全国公開を迎える。累計発行部数3000万部突破の人気マンガ『デスノート』、それを原作に2006年に公開された実写映画の正当なる続編だ。
東出昌大や菅田将暉ら人気俳優陣の出演で話題を集めるなか、このたび追加キャストが発表された。ベテラン俳優・船越英一郎が新たな“ノート保有者”として出演することが明かされた。

『デスノート』は、原作:大場つぐみと作画:小畑健によって2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載。ノートに名前を書かれた人は死ぬという斬新な設定、ノートをめぐる白熱の心理戦で人気を博した。
2006年には、藤原竜也、松山ケンイチら出演による実写映画『DEATH NOTE』と『DEATH NOTE the Last name』の二部作が公開。興行収入80億円を超える大ヒットとなった
続編となる『デスノート Light up the NEW world』の舞台は、キラとLの戦いから10年後。原作に存在しながらも使われなかった“6冊ルール”が採用され、新たなノートをめぐる戦いが描かれる。

今回、新たなデスノート所有者が判明した。裁判官の御厨賢一(みくりや・けんいち)である。演じるのは、数々の映画やドラマに出演してきた俳優・船越英一郎だ。注目作に相応しい大御所俳優の起用となった。
船越演じる御厨は、最高裁判所において、限られた者しか任命されない最高裁判事。6冊のデスノートのうちに1冊が、本来は悪を裁くはずの人物の手に渡った。ノートをめぐる戦いのなかで、重要な位置を占めそうだ。船越の演技とともに注目したい。

『デスノート Light up the NEW world』は、10月29日(土)より全国公開。

映画『デスノート Light up the NEW world』
10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー!
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集