「デスノート Light up the NEW world」特報映像に“ミサミサ”や新生リューク | アニメ!アニメ!

「デスノート Light up the NEW world」特報映像に“ミサミサ”や新生リューク

ニュース

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
映画『デスノート Light up the NEW world』が2016年10月29日より全国公開を迎える。累計発行部数3000万部突破の伝説的マンガ『デスノート』、それを原作に2006年に公開された実写映画の正当な続編である。
発表当時から大きな話題を集めている本映画だが、このほど特報映像が封切りとなった。映像では、お馴染みの“ミサミサ”や新生リュークに加え、新たなノート所有者が姿を見せている。

原作マンガ『デスノート』は、原作:大場つぐみと作画:小畑健によって2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載。ノートに名前を書かれた人は死ぬという斬新な設定や、主人公・夜神月(ヤガミ・ライト)と世界的名探偵・Lたちによる白熱の頭脳戦で好評を得た。
マンガの人気を受けて、テレビアニメや小説、舞台などメディア展開も盛んに行われた。とりわけ2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』は前・後編の二部作で興行収入は80億円を超えるメガヒットを記録した。
続編となる『デスノート Light up the NEW world』では、月とLとの対決から10年後が舞台となる。原作に存在しながら使われていなかった“6冊ルール”が採用され、新たな戦いが描かれる。

今回、特報にて映像が初公開された。まず映像では、不穏な空気のなか所有者と思わしき人物と共に新たなデスノートが登場。続いて、テスノート対策本部のエース捜査官・三島、Lの後継者で世界的名探偵・竜崎、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑など、続々と新キャラクターが姿を見せる。そして、10年の時を経た“ミサミサ”こと弥海砂の姿も。
さらに“史上最悪の所有者”を思わせる青井さくらが「キラより面白いもの、見せて上げるわ」と群衆を恐怖に陥れると、逃げ惑う人々のなか禍々しいひょっとこを被った謎の人物が現れる。
謎が謎を呼ぶ映像のラストには、「人間って、やっぱおもしろ!」と新生リュークが登場。ファンには嬉しい映像に仕上がっている。

また、特報映像とあわせて第一弾前売り特典が明らかとなった。デスノート6冊をモチーフとした扇子「せんすデス」だ。裏面にはデスノートのルールがあしらわれている。さらに6つのQRコードを記載されており、こちらは特別コンテンツへの入り口となっているという。
第一弾前売券は、4月29日より発売開始。価格は、通常券・ムビチケカート共に一般が1,400円、小人が900円(全て税込み)。

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)より全国公開。月とLからはじまった「デスノート」の戦いから10年、どのような物語が描かれるか注目だ。


映画『デスノート Light up the NEW world』
10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー!
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集