「デスノート Light up the NEW world」 正式タイトル発表 | アニメ!アニメ!

「デスノート Light up the NEW world」 正式タイトル発表

ニュース

10月29日公開の映画『デスノート 2016』の正式タイトルが『デスノート Light up the NEW world』に決定した。それにあわせて、ティザーポスターも発表され、黒と白のコントラストが鮮やかな仕上がりを見せている。

『デスノート Light up the NEW world』は「照らし出される新世界」という意味合いを持つ。そのティザーポスターは、キラ事件に精通するデスノート対策本部の捜査官・三島創をメインに、右側にはLの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵・竜崎、左側にはキラの信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝が登場。三島の頭上には物語のきっかけを作った死神・リュークの影が浮かんでいる。
本作は完結から10年後が舞台である。真っ白な空間に漂うデジタルドットのリュークは、超速度で進化し続けるネット社会での「デスノート」を象徴している。そして紫苑の側にはキラこと夜神月、竜崎の側にはLが配置され、複雑に交錯する世界を表現した。

キャストは三島役に東出昌大、竜崎役に池松壮亮、紫苑役に菅田将暉が起用された。そのほか、弥海砂役は戸田恵梨香、リューク役は中村獅童と前作の俳優陣も続投し、新たな物語を紡いでいく。監督は「GANTZ」シリーズや『アイアムアヒーロー』など、マンガ原作の映画を手がけた佐藤信介が務める。
デスノートを駆使して凶悪犯を次々と死に追いやった夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。死神が再び地上にデスノートをばらまいたことで、世界中が大混乱に陥っていた。
デスノート対策本部には三島を筆頭に、キラ事件を経験したメンバー含む対策特別チームの捜査官たちが集結。Lの正統な後継者である竜崎によって、地上に6冊のデスノートが存在することが判明した。さらにコンピューターウィルスのキラウィルスが「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」と呼びかけていた……。
[高橋克則]

『デスノート Light up the NEW world』
丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほかにて、10月29日(土)より全国ロードショー
(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集