「X-MEN:アポカリプス」全米初登場1位 全世界興行収入は2億5千万ドル突破 | アニメ!アニメ!

「X-MEN:アポカリプス」全米初登場1位 全世界興行収入は2億5千万ドル突破

ニュース

(C)2016 MARVEL(C)2016 Twentieth Century Fox
  • (C)2016 MARVEL(C)2016 Twentieth Century Fox
  • (C)2016 MARVEL(C)2016 Twentieth Century Fox
「X-MEN」シリーズの最新作『X-MAN:アポカリプス』が、5月27日に全米公開を迎えた。大作や話題作がひしめくメモリアル・デー週末の激戦のなか、好調なスタートを切った。
Box Office Mojoの調べによると、メモリアル・デーの5月29日を除く3日間の全米興行収入は6500万ドルを記録。週末の全米興行収入第一位を獲得した。さらに全米に先立ち公開されていた全世界75テリトリーに加えて、週末には79カテゴリーに拡大、全世界興行収入は2億5080万ドルとなった。

『X-MEN:アポカリプス』は、世界的にヒットを飛ばしてきた「X-MEN」シリーズの過去5作を締めくくる最新作だ。ミュータントの始祖にして文明の誕生以前から神として君臨していたアポカリプス、ヒーローチーム・X-MENとの戦いを描く。

5月末のメモリアル・デーの週末興行にはビッグタイトルが次々と公開され、毎年その行方に大きな注目が集まる。今年も大作映画がひしめくなか、とりわけ『X-MEN:アポカリプス』と『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の二大タイトルが頂上決戦とされていた。
注目の興行成績は、3日間で『X-MEN:アポカリプス』が6500万ドル、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は2811万ドル強を記録。『X-MEN:アポカリプス』が倍以上の差をつけ見事第1位に輝いた。

また『ウルヴァリン』シリーズ、『デッドプール』のスピンオフ3作を含むシリーズ全9作で、シリーズ全て初登場1位を獲得という快挙を成し遂げたことになる。
さらに「X-MEN」シリーズ累計の全米興行成績は、17億2700万ドルを突破。これは『スパイダーマン』や『シュレッグ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ら大ヒットシリーズを上回る記録である。
『X-MEN:アポカリプス』の国内公開日は、8月11日。全世界と同じく、日本でも大ヒットとなるか期待される。

『X-MEN:アポカリプス』
8月11日(木・祝) TOHOシネマズ スカラ座他3D/2D全国ロードショー
(C)2016 MARVEL(C)2016 Twentieth Century Fox
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集