ミュージカル「青春-AOHARU-鉄道」11月に新作上演 鉄道の擬人化が再び舞台に | アニメ!アニメ!

ミュージカル「青春-AOHARU-鉄道」11月に新作上演 鉄道の擬人化が再び舞台に

鉄道を擬人化するという異色の作風が話題となったコミック『青春-AOHARU-鉄道』のミュージカル第2弾が制作される。

ニュース
 
  •  
鉄道を擬人化するという異色の作風が話題となった『青春-AOHARU-鉄道』のミュージカル第2弾が制作される。2016年11月9日から13日にかけて、AiiA2.5TheaterTokyo。11月18日からの20日の3日間は、新神戸オリエンタル劇場で上演される。
前作は2015年11月に上演され、連日満員を記録。今回は東京に加え、関西発上陸となる神戸での公演も予定だ。人気の高さを受け、規模もさらに拡大した格好だ。

『青春-AOHARU-鉄道』はコミックマーケットから人気が火がつき、KADOKAWAメディアファクトリー「コミックフラッパー」で連載。現在も「コミックウォーカー」ならびに「月刊コミックジーン」にて連載中の、青春による作品だ。
これまでに全7巻が発売され、累計20万部を突破する。ミュージカル以外にもドラマCDなど、多角的な展開を見せている。

その特徴は、なんといっても日本中の路線を擬人化、個性豊かなキャラクターとして描いている点だ。
作中には東海道新幹線や山陽新幹線、さらには西武池袋線、有楽町線、秩父鉄道が登場。他ではまず見ることのできない会話劇を楽しむことができる。

ミュージカルの新作では、脚本と演出、作詞を川尻恵太が担当する。川尻は前作でも同様のポジションで活躍しており、今回もクオリティの高い物語を提供してくれるはずだ。
キャスト陣は現在のところ発表されていないので、今後の情報に期待したい。ちなみに前作では、永山たかし、滝川英治、Kimerum、阿部よしつぐといった2.5次元ミュージカルを賑わすキャストが集結。歌手や声優としても活躍する豊永利行も出演していた。
また、山手線のキャストは高木俊や碕理人などが日替わりで演じるという面白い試みもあった。新作ではこのような試みが見られるのかにも注目だ。

ミュージカル「青春-AOHARU-鉄道」
(C) 青春
(C)ミュージカル『青春鉄道』製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集