舞台「はたらく細胞」キラーT細胞&血小板ほか全キャスト明らかに! | アニメ!アニメ!

舞台「はたらく細胞」キラーT細胞&血小板ほか全キャスト明らかに!

ニュース

『体内活劇「はたらく細胞」』(C)清水茜/講談社(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018
  • 『体内活劇「はたらく細胞」』(C)清水茜/講談社(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018
  • 『体内活劇「はたらく細胞」』(C)清水茜/講談社(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018
  • 『体内活劇「はたらく細胞」』(C)清水茜/講談社(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018
現在TVアニメが放送中『はたらく細胞』の舞台化公演『体内活劇「はたらく細胞」』より、すでに発表されている白血球(好中球)役・和田雅成、赤血球役・七木奏音を含めた総勢18名の配役が明らかになった。

『体内活劇「はたらく細胞」』は、清水茜による累計発行部数220万部超えのコミック『はたらく細胞』を原作とした劇場作品。


舞台の上だけではなく、客席も含めた劇場全体が“体内”に見立てられる本舞台。細胞チームと細菌・ウイルスたちのバトルシーンや、体内に起こる異変の表現など、劇場を隅々まで使いさまざまな演出を再現。また、観客も“細胞の一員”となるため、細胞が話しかけてきたり、時にはウイルスに襲われたりと、キャストと観客が一緒に盛り上がり、一緒に作り上げる物語だ。


そして新たに出演キャストを発表。
キラーT細胞を君沢ユウキ、一般細胞を山田ジェームス武、ヘルパーT細胞を戸谷公人、NK細胞を茉莉邑薫、ナイーブT細胞を太田将熙、マクロファージを平田裕香、制御性T細胞を甲斐千尋、樹状細胞を川隅美慎、B細胞を正木郁、血小板を岸田結光、森田恵、木内彩音。

ウイルスたちは化膿レンサ球菌を増田裕生、インフルエンザウイルス感染細胞を高木俊、肺炎球菌を馬場良馬、黄色ブドウ球菌を富田翔がそれぞれ演じ、新感覚の舞台劇を個性豊かなキャストが盛り上げる。


『体内活劇「はたらく細胞」』は、2018年8月19日までチケット最速先行販売を実施。さらに“サービス残業”と銘打った、アフタートークも行われる予定だ。詳細は公式サイトをチェック。

公演は2018年11月16日から11月25日までシアター1010で行う。

【公演概要】
■公演日程:2018年11月16日(金)~11月25日(日)
■劇場:シアター1010
【スタッフ】
原作:清水 茜(講談社「月刊少年シリウス」連載) 演出:きだつよし
脚本:川尻恵太(SUGARBOY) 制作:トライフルエンターテインメント
【キャスト】
和田雅成 七木奏音/
君沢ユウキ/山田ジェームス武 戸谷公人 茉莉邑薫 太田将熙/
平田裕香 甲斐千尋 川隅美慎 正木郁 岸田結光 森田恵 木内彩音/

阿瀬川健太/松本城太郎 菅野慶太 福田圭祐 来夢 高久健太
高橋凌 網代将悟 栗本佳那子 松田祐里佳 田中里奈 柿の葉なら/

増田裕生 高木俊 馬場良馬 富田翔


(C)清水茜/講談社
(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集