ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」、中国6都市公演決定 2.5次元も大陸進出 | アニメ!アニメ!

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」、中国6都市公演決定 2.5次元も大陸進出

ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』がワールドツアー版を始動、10月から中国で6都市で公演を開始する。上海、杭州、北京、長沙、広州、深センが並んだ。

ニュース
岸本斉史の人気マンガを原作に、スペクタクルなステージを展開して2015年に大好評を博したのが、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』だ。世界的に知られた人気マンガの世界観、キャラクターをまるで作品から抜けだしたかのようなビジュアルで再現し、話題を呼んだ。
東京、大阪、宮城、福岡の国内4都市でまず開催され大好評を博した。さらにそのムーブメントは海外に広がる。マカオ、マレーシア、シンガポールの海外3都市での上演を実現、現地の『NARUTO』ファンから大熱狂を持って迎えられた。

その舞台が2016年に還って来る。7月、8月に東京と大阪で再演される。さらに今回、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』が再び世界に羽ばたく。ワールドツアー版を始動、2016年10月から中国で公演を開始する。しかも、公演都市は6つ、上海、杭州、北京、長沙、広州、深センと、中国の大都市が並んだ。
10月22日の上海をスタートに、12月18日に終わる深センまで、期間は3ヵ月間にも及ぶ。なかでも藝海劇院を会場とする上海は9日間での日程となる。これまでも日本のマンガ・アニメを原作とする舞台の中国公演はあったが、今回はそれらを大きく上回るかつてない大掛かりなものだ。
『NARUTO』は、マンガは勿論、アニメ、ゲームなど様々コンテンツですでに大陸に進出済で、大人気だ。今回のライブ版も多くの動員が予想される。

ワールドツアー版では、主人公うずまきナルト役を元木聖也、うちはサスケ役を櫻井圭登、春野サクラ役を伊藤優衣が起用される。多くの新しい役者が参加し、また新たな味わいを残しそうだ。
さらに上海公演では、初演、2016年の大阪と東京公演でナルト役を務めた松岡広大が特別出演も予定している。世界に広がる日本の2.5次元ステージの可能性を感じさせるライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』の海外進出だ。今回のチケットは6月上旬発売予定である。

ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』
原作: 「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプ コミックス刊)
脚本/演出: 児玉ま明子
[出演]
元木聖也 櫻井圭登 伊藤優衣/
植田慎一郎/
君沢ユウキ 白崎誠也 市瀬秀和 高橋里央/
片山浩憲 今村美歩/ 
藤木かおる 小林辰也 谷口巧都 寒川祥吾 本田昂也/
久松りょうた 蘭舞ゆう/
正宗雄太 宮川連 AKI
松岡ま広大(上海特別出演)

(C)Masashi Kishimoto, Scott/SHUEISHA/Live Spectacle“NARUTO”Production Committee 2016
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集