アニソンシンガーMICHI、デビュー一年で 米国、中国、タイ、インドネシア、海外ライブ続々 | アニメ!アニメ!

アニソンシンガーMICHI、デビュー一年で 米国、中国、タイ、インドネシア、海外ライブ続々

テレビアニメ『クロムクロ』のエンディングテーマ「リアリ・スティック」の起用でも脚光を浴びるMICHIの活躍が、日本だけでなく海外にも広がっている。

ニュース
テレビアニメ『クロムクロ』のエンディングテーマ「リアリ・スティック」の起用でも脚光を浴びるMICHIの活躍が、日本だけでなく海外にも広がっている。2015年は、デビュー1ヵ月でインドネシアの大型アニメイベントAFA Indonesia 2015の出場で話題を集めたが、2016年も海外での活動が目白押しだ。

まず6月にタイのバンコクで行われる東京ドラマフェスティバルに出演、パワフルなライブを披露する。アジアでは、7月24日に中国・上海で開催されるBiliBili Macro Link2016への出演が決まっている。
さらに7月に米国ロサンゼルスで開催されるAnimerExpo 2016にまず出演、8月にはボルチモアのOTAKON 2016に参加する。この夏、MICHIが世界を飛び回る。
またAnimerExpoは、期間中の来場者が延べ20万人を超える北米最大の日本アニメのイベントである。そして、OTAKONは米国東海岸最大の日本アニメイベント。いわば北米のトップ2イベントをMICHIが制覇したかたちだ。

世界各国での活躍についてMICHIは「日本はもちろん海外でも、皆さんの前で歌う機会が増えてすごく嬉しいです。」と喜ぶ。そして北米の二大イベントの出演については、「アメリカ(合衆国)でライブをするというのはデビューからの夢だったのでこんな早くに実現するとは夢にも思いませんでした。食べ過ぎてまた太っちゃいそうです。(笑)「クロムクロ」は主人公がサムライなので、これからスタートする日本でのリリースイベントや世界でのライブ一つ一つが“”“武者修行‘だと思って全力で歌いたいと思います。」と意気込みを語る。

もちろん日本の活動もアクティだ。5月18日に「リアリ・スティック」のシングルがリリースされる。これを記念して、全国13箇所でのイベントをスタートさせた。東京・秋葉原を起点に、大阪、京都、埼玉、神奈川、名古屋のショップを巡る。出身地である沖縄での凱旋してのイベントも予定している。
そして6月12日には、東京都内にて「MICHIんちゅ祭Vol.1」と題したイベントも行う。事前応募制となる本イベントは、ライブ有り、トーク有りのプレミアムな内容になるとのこと。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集