「ウルトラマン」放送開始50年記念でTカード登場 水墨画で表現された個性派イラスト | アニメ!アニメ!

「ウルトラマン」放送開始50年記念でTカード登場 水墨画で表現された個性派イラスト

1966年にシリーズ1作目の放送が始まった『ウルトラマン』の放送開始50周年を記念して、ウルトラヒーローをデザインしたTカード、「ウルトラマン×Tカード」が発行される。

ニュース
 
  •  
  •  
  •  
1966年にシリーズ1作目の放送が始まった『ウルトラマン』は、今年で放送開始50周の節目の年を迎えている。円谷プロダクションは、これを記念した特設サイトを公開。全ウルトラヒーローを紹介する動画や、Twitterのハッシュタグを利用したファン参加企画などで盛り上がりを見せている。
そして今回、カルチュア・エンタテインメントが、50週年に華を添えるファン垂涎のアイテムを発表した。ウルトラヒーローをデザインしたTカード、「ウルトラマン×Tカード」の発行を、5月15日より開始した。

現在は、Tチケット購入サイトでオリジナルポップアップ台紙と「ウルトラマン×Tカード」がセットになった「ウルトラマン×Tカード」付前売券の販売を実施中だ。
「ウルトラマン×Tカード」は、イラストレーターであり現代水墨画会「墨閃会BOKUSENKAI」に所属する與座巧がデザインした。水墨画でウルトラマン、ウルトラセブンが描かれており、ここでしか見ることのできない、貴重なイラストだ。

今回の発表に伴い、このカードと連動した企画も続々登場する。まず 7月22日から8月28日まで東京池袋のサンシャインシティにて開催される、「ウルトラマンフェスティバル2016」にて、 Tカードをチケットとして入場できる「Tチケット」のサービスを行う。
そのほか、9月17日、18日に大阪府八尾市からスタートするウルトラヒーローライブショー「ウルトラヒーローズ THE LIVEアクロバトル クロニクル 2016」でも発行を予定。同イベントのTチケット先行受付は、6月11日から6月17日の期間中、Tチケット購入サイトにて実施予定とのこと。

今後は「ウルトラマン×Tカード」保有者特典として、限定グッズのプレゼントなども企画している。「ウルトラマン」ファンにとって、今後注目のアイテムになりそうだ。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集