全長7Mの巨大「デッドプール」トラックが大阪に 曙と“規格外”のツーショット実現 | アニメ!アニメ!

全長7Mの巨大「デッドプール」トラックが大阪に 曙と“規格外”のツーショット実現

イベント・レポート

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 
  • (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 
  • (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 
  • (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 
映画『デッドプール』が6月1日に国内公開を迎える。マーベル・コミックのなかでも型破りなヒーロー・デッドプールの活躍を描くアクションヒーロー映画だ。本作は2月12日に全米で封切られ、週末興行成績は1億3,500万ドルを突破するなど、記録的なヒットを飛ばしている。
今回、6月1日の日本公開を記念し、巨大デッドプールトラックが製作された。そのお披露目式が5月9日(月)、大阪・グランフロント大阪うめき広場にて実施され、スペシャルゲストとして第64代横綱・曙太郎が登壇。“規格外”のツーショットが実現した。

今回、製作された巨大トラックは、圧巻のビジュアルに仕上がっている。デッドプールが日頃、使用するニューヨークタクシー風に装飾されたアメリカントラックに、全長7メートルの巨大デッドプールが搭載された。
巨大デッドプールトラックは関西で製作されたが、今後は東京、名古屋での走行を予定している。

巨大デッドプールトラック除幕式では、スペシャルゲストとして曙太郎が登壇。原作コミックにおいてデッドプールが、来日して相撲部屋に入門し、「千代の酒」という四股名まで持っているというエピソードから実現した。

イベントにて、すでに映画を観たという曙は「めちゃくちゃおもしろかったです。アクションシーンもすごいのですが、ラブストーリーでもあるのでそこが見所です」とアピールした。
また初お披露目となる巨大デッドプールについては「どんな感じに出来上がっているかが本当に楽しみです」と期待する曙。MCの掛け声とともに勢い良く幕が取り払われると、コスチュームの材質感などディテールが再現された巨大デッドプールが出現。それを見た曙は「完璧ですね」と感心した表情を浮かべた。

イベントのラストでは、巨大デッドプールの前に曙が仁王立ちで応じ、規格外の巨大ツーショットが実現した。曙は感想を聞かれると「後ろから刺されるんじゃないかなという迫力です」と冗談を飛ばした。
最後に曙は「本日は雨の中たくさんの方にお集まりいただきありがとうございます。このデッドプールですがめちゃくちゃおもしろいので、ぜひひとりでも多くの方に映画館に足を運んでいただきたいです。このトラックを見たらぜひ写真撮ってハッシュタグつけてアップして下さい。よろしくお願いします」と訴えた。

映画『デッドプール』(原題:DEADPOOL)
6月1日(水)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集