テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」7月より放送 主人公を演じるのは神谷浩史 | アニメ!アニメ!

テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」7月より放送 主人公を演じるのは神谷浩史

「週刊少年ジャンプ」で連載している『斉木楠雄のΨ難』のテレビアニメ化が決定した。キャストとスタッフが明かされ、放送日程も決定。放送は2016年7月よりスタートし、朝と深夜のW放送を行う。

ニュース
「週刊少年ジャンプ」(集英社)で麻生周一が連載する『斉木楠雄のΨ難』のテレビアニメ化が決定した。5月9日に発表された。
作品は2016年7月よりテレビ東京ほかで放送開始する。また、同じ番組を朝の時間帯と深夜の時間帯で異なるかたちでオンエアする異例のw放送となる。

『斉木楠雄のΨ難』は2012年に連載をスタート、「週刊少年ジャンプ」のなかでも人気のギャグマンガ。17巻まで発売されている単行本は、累計発行部数が350万部を超えるヒツト作だ。2016年夏で連載4周年を迎え、待望のテレビアニメ化となった。
作品はまず朝のバラエティ番組「おはスタ」の中で短編シリーズとして放送。放送された5話分をを30分番組にまとめ、今度は日曜深夜に放送する。ユニークな放送のかたちになる。

キャラクターのキャストとスタッフも公開された。主人公の斉木楠雄役に神谷浩史、燃堂力役に小野大輔、海藤瞬役に島崎信長と豪華なキャストが並ぶ。さらに斉木楠雄の父親の斉木國春役に岩田光央、母親の斉木久留美役に愛河里花子が決定した。他のキャストは「週刊少年ジャンプ」誌上で今後発表される。
またスタッフは監督を『魁!!クロマティ高校』や『ジュエルペット ハッピネス』を手掛けた桜井弘明が務める。シリーズ構成は『SHIROBAKO』『監獄学園』などのベテラン横手美智子が担当、キャラクターデザインは『君と僕。』『青い花』などを担当した音地正行を起用する。アニメーション制作はEGG FIRMとJ.C.STAFFがタッグを組む。

テレビアニメ放送に向けて、関連サイトもオープンした。春シーズンからも多くのジャンプ作品のアニメがスタートしたが、本作も注目を集めそうだ。豪華キャストということで、続報にも注目したい。

『斉木楠雄のΨ難』
(C)麻生周一/集英社・PK学園
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集