「遙かなる時空の中で」展レポート 総勢48人のパネルに豪華絢爛な原画の数々 | アニメ!アニメ!

「遙かなる時空の中で」展レポート 総勢48人のパネルに豪華絢爛な原画の数々

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
東京・池袋サンシャインシティ展示ホールAで「『遙かなる時空の中で』展~八葉蓮華絵巻~」が5月5日より開催されている。人気ゲーム『遙かなる時空の中で』のパッケージイラストなどの原画を展示した大規模な展覧会だ。

『遙かなる時空の中で』は2000年に発売した女性向けのゲーム。以来、女性を中心に人気を博し、2015年には『遙かなる時空の中で6』をリリースするなどシリーズが続いている。
今回のイベントは、その中でキャラクターデザインを手掛けた水野十子のイラストにスポットを当てた。2000年から最新作までの作品の変化を追っている。

会場は原画の展示を中心にパネル展示やフォトスポットなどで構成されている。最大規模の展覧会ということあり、原画だけでなくパネルなども見応えが十分だ。
原画展示では、最初のシリーズにあたる『遙かなる時空の中で』のパッケージイラストとキャラクターイラストからスタート年代順に展示されている。ゲームシリーズの舞台は平安時代、平安末期、鎌倉時代変わっていくが、キャラクターの服装もこれに合わせて変化していくのが面白い。
またゲームならではのアレンジに加えて、主人公の服装が和装でありながらも制服や現代的な要素が入っているのもポイントだ。男性キャラクターたちの独特な服装も、とりわけ特徴的な武器が注目だ。
最新シリーズ『遙かなる時空の中で6』は、舞台が明治時代ということもあり服装は現代に近づいている。

パッケージイラストは一枚絵ではなく各キャラクターをそれぞれ描いて組み合わせていることも分かるのも面白い。
また2000年の『遙かなる時空の中で』と2005年のリメイク版『遙かなる時空の中で~八葉抄~』では、絵の変化も見える。年ごとの流れを見ることができるのも、展覧会の魅力だろう。

パネル展示は、全6シリーズから8人のメインキャラクターを紹介する。総勢で48人と、とにかく多く見応えがある。それぞれプロフィールとゲームに登場するスチルイラストがあり、物語を振り返ることが出来る。
このほか豪華声優人達のサイン色紙も展示されている。それぞれ担当するキャラクターの名前やメッセージも書かれている。
また最後にはフォトスポットやキャラクターソングの歌詞や、試聞コーナーが楽しむコーナー用意されている。盛りだくさんの内容は、ファン同士で行くと、思い出話に花が咲くだろう。
開催は5月8日まで。京都での開催も予定しているので、こちらも多くのファンが集まりそうだ。

「『遙かなる時空の中で』展~八葉蓮華絵巻~」
会期: 2016年5月5日(木)~5月8日(日)
場所: 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4F 展示ホールA
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集