「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」 新キャラクター演じるのは富田美憂 | アニメ!アニメ!

「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」 新キャラクター演じるのは富田美憂

ニュース

5月21日(土)より映画『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』が全国公開される。本作は「牙狼〈GARO〉」シリーズをアニメで描いた最新作。シリーズのテーマとなっている人々に取り憑く魔物・ホラーと、それを討つ魔戒騎士、魔戒法師の戦いがここでもハードに描き出される。

『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』は、2014年に放送されたシリーズ初のアニメタイトル『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』の続編となる。舞台はテレビシリーズと同様、日本や現代から遠く離れているのも特徴だ。
物語はテレビシリーズのラストから4年後から始まる。オリジナルストーリーが展開し、ひとうの作品としても堪能できる。シリーズ10周年に相応しい記念作品となった。

すでに公開されているメインビジュアルも注目だ。本作のハードな物語を予感させる仕上がりとなっている。剣を構える主人公・黄金騎士“ガロ”のレオンを筆頭に、戦死したはずのレオンの父・ヘルマンや、本作から登場する新キャラクター・サラがホラーと化した姿が描かれている。
宙に浮くような形で描かれた金髪の少年・ロベルトは、ヘルマンが最後に残した子どもであり、レオンの弟という本作のキーパーソンだ。このロベルトを演じるのが、『おしえて! ギャル子ちゃん』オタ子役や『アイカツスターズ!』虹野ゆめ役で活躍中の声優・富田美憂である。

富田は本作が劇場作品初出演で、緊張しつつも現場のキャストたちに暖かく迎えられたそう。
自身もファンであるという『牙狼〈GARO〉』への参加を喜びつつ、「今回は完全新作ということで、今まで『GARO』をご存知でなかった方も楽しめる作品になっていると思います!みなさんぜひ劇場へ足を運んでみてくださいませ!」と呼びかけるコメントを発表している。

『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』
5月21日全国公開
(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集