CEDEC 2016が最新VR技術にフォーカス 「VR Now!」でセッションや展示、ラウンジ設置 | アニメ!アニメ!

CEDEC 2016が最新VR技術にフォーカス 「VR Now!」でセッションや展示、ラウンジ設置

ニュース テクノロジー

国内最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けのカンファレンスとして知られるCEDEC(Computer Entertainment Developers Conference)は、今年、2016年のエンタテイメント業界で大きな注目を集めるVR(Virtual Reality:仮想現実)を特集する。期間中「CEDEC 2016 VR Now!」と名づけた特集企画を実施する。
「CEDEC 2016 VR Now!」では、VR業界のキーパーソンがVRについて考察するパネルディスカッションのほか、一般公募やスパンサー企業によるVR関連セッションを設ける。さらに各種デモンストレーションや展示なども行い、最新のVR技術を体感できる場とする。

CEDECは一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する。ゲームを中心とするコンピュータエンターテインメント開発に携わる技術やビジネスに関わるコンファレンスである。2016年は8月24日(水)から8月26日(金)までの3日間、パシフィコ横浜の会議センターにて開催される。
今年はテーマを「Now is the Time !」と定めて、コンピュータエンターテインメント技術の最新情報の交換の場を提供する。そのひとつとしてVRに注目した。

VRはコンピューターが作り出す3次元空間などに当たり、日本では1996年に日本ヴァーチャルリアリティ学会が設立されるなどその研究には歴史がある。しかし、VR技術は多額の費用がかかることから医療現場や、自動車、広告、教育、旅行、宇宙産業、軍事・警察などで使用されることが多かった。
しかし近年はエンタテインメントの場での活用が広がっている。自宅でVRを楽しむことができるVRヘッドセットOculus Riftの発売や、2016年10月に発売予定のPlayStation4と連動したPlayStationVRの登場など話題が多い。一般向けVR商品の登場により、2016年は“VR元年”と呼ばれるほど注目度の高い最新技術となっている。
「CEDEC 2016 VR Now!」はVRを色々な形で知ることが出来る場になる。これからどんどん一般化するであろうVR技術への知識を深められる重要なイベントとなりそうだ。

コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2015(CEDEC2015)
会期: 2015年8月26日(水)~8月28日(金)
会場: パシフィコ横浜 会議センター(横浜西区みなとみらい)
主催: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社。
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集