MADOGATARI展 名古屋会場のキービジュアル公開 総勢8作品のキャラが集結 | アニメ!アニメ!

MADOGATARI展 名古屋会場のキービジュアル公開 総勢8作品のキャラが集結

ニュース

アニメーション制作会社・シャフトの40周年を記念した「MADOGATARI展」の名古屋会場に巡回する。5月4日から8日まで名古屋市中小企業振興会館 第1ファッション展示場にて開催される。
このたび、会場別のキービジュアルが明らかになった。『魔法少女まどか☆マギカ』と「〈物語〉シリーズ」をメインに、複数のキャラクターたちが競演した1枚に仕上がっている。

名古屋会場のキービジュアルには『魔法少女まどか☆マギカ』から暁美ほむら、「〈物語〉シリーズ」からキスショットが登場。そのほか『ささみさん@がんばらない』『REC』『かってに改蔵』『アーケードゲーマーふぶき』『電波女と青春男』『まほろまてぃっく』と合計8作品のキャラクターが描かれている。
「MADOGATARI展」では『魔法少女まどか☆マギカ』の新作へとつながるコンセプトムービーの上映や、「〈物語〉シリーズ」の西尾維新書き下ろし短編小説を元に制作した映像など、様々な展示物がラインナップされた。また名古屋会場では新規企画も実施する予定だ。

まず「MADOGATARIヒロイン総選挙」として、会場別キービジュアルに登場するキャラクターの中からNo.1ヒロインを決定する投票企画を行う。さらに前売券来場者限定の「MADOGATARIくじ」では、開催日時ごと1名にシャフトキャラクターの描き下ろし色紙がプレゼントされる。チケットは前売券が1800円、グッズ引換券付き入場券が3500円(税込)で、上限に達しなかった場合のみ当日券が販売される。
「MADOGATARI展」は2015年11月開催の東京会場で約15000人、15年12月開催の大阪会場で約16000人、16年2月開催の札幌会場では約7000人の来場者を記録した。名古屋会場ではどこまで数字を伸ばしていくのか要注目だ。
[高橋克則]

~シャフト40周年記念~ MADOGATARI展
開催: 2016年5月4日から5月8日
会場: 名古屋市中小企業振興会館 第1ファッション展示場

(c)SHAFT/MADOGATARI
(c)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
(c)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • MADOGATARI展、名古屋でも開催決定 5月4日~8日の5日間 画像 MADOGATARI展、名古屋でも開催決定 5月4日~8日の5日間
  • 東京・大阪で3万1000人を集めたMADOGATARI展が札幌へ 新キービジュアルも公開 画像 東京・大阪で3万1000人を集めたMADOGATARI展が札幌へ 新キービジュアルも公開
  • MADOGATARI 展アプリも 楽天アプリ市場がコミックマーケット89出展 画像 MADOGATARI 展アプリも 楽天アプリ市場がコミックマーケット89出展

特集