TVアニメ「DAYS」浪川大輔と吉永拓斗が東京国際ユースサッカー大会でトークショー | アニメ!アニメ!

TVアニメ「DAYS」浪川大輔と吉永拓斗が東京国際ユースサッカー大会でトークショー

ニュース

「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のサッカーマンガ『DAYS』がテレビアニメ化される。2016年夏に放送を予定している。
今回、テレビアニメ『DAYS』と2016東京国際ユース(U-14)サッカー大会のコラボレーションが決定した。5月4日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場にて行われる決勝戦前に、柄本つくし役の吉永拓斗と水樹寿人役の浪川大輔によるトークショーを開催する。

『DAYS』は、2013年に「週刊少年マガジン」にて連載中のサッカーマンガ。『一瞬の風になれ』や『Over Drive』などスポーツマンガを手がけてきた安田剛士による最新作だ。
サッカー名門校に入部した初心者・柄本 つくしを中心に、孤独なサッカーの天才・風間陣ら仲間との熱き青春の日々を描く。単行本は16巻まで刊行中で、累計発行部数は150万部を突破している。
アニメ化にあたって、アニメーション制作はMAPPAが担当。監督は『銀河へキックオフ!!』でサッカーアニメを手がけた宇田鋼之介、キャラクターデザインに『残響のテロル』の中澤一登が務める。

今回、本作が「サッカー」を題材とした作品ということで、2016東京国際ユース(U-14)サッカー大会の決勝前にメインキャストによるトークショーが行われることが決定した。柄本つくし役の吉永拓斗と水樹寿人役の浪川大輔が出演する。
イベントは、5月4日14時30分頃、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場にて開催。未来のサッカー界を担う選手たちに向けてどのような言葉を送るのか注目だ。

また大会ホームページにて原作者・安田剛士からの応援メッセージが公開された。安田剛士は「ぜひ、サッカーを心から楽しんで、世界を驚かせてください。そして、君たちが日本代表を、W杯のチャンピオンに導いてくれ! 頼みます!」とエール送った。
あわせて吉永拓斗と浪川大輔による動画コメントが公開された。サッカーの魅力や14歳当時に打ち込んだことについて語っている。



TVアニメ『DAYS』
(c) 安田剛士・講談社/「DAYS」 製作委員会
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集