アーケードゲーム「ポケモンガオーレ」 7月より稼働 ポケモンの世界を疑似体験 | アニメ!アニメ!

アーケードゲーム「ポケモンガオーレ」 7月より稼働 ポケモンの世界を疑似体験

ニュース

タカラトミーアーツは、ゲームメーカーのマーベラスと共同で新しい業務用キッズアミューズメントマシン『ポケモンガオーレ』を7月より展開する。大型コンテンツを目指す。
広い世代に人気のポケモンは、様々エンタテイメント、商品が展開されている。そのひとつとしてアーケードゲームがある。これまでに『ポケモンバトリオ』、そして現在稼動中の『ポケモントレッタ』があるが、『ポケモントレッタ』はこれらに続く第3弾となる。

「ポケットモンスター」シリーズは1996年にゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』の発売からスタートした。1997年にはテレビアニメが放送され、その人気を不動のものとした。
そして、1998年7月には初の劇場版の公開や北米進出を皮切りに、欧州、 豪州、アジアなど世界各国で展開など、世代を越えて20年愛されるシリーズだ。

『ポケモンガオーレ』は、『ポケモントレッタ』の要素を取り入れた。ゲームのポイントである“ゲーム画面上で捕まえたポケモンを実際に配出できる”という現実とバーチャルがリンクをさらに高度化させている。ガオーレディスクを使うことで、ゲーム結果に応じた情報がその場で記される。
配出したポケモンは、次回以降のゲームで使用することできる。さらに進化させて強くすることも可能だ。

ゲームプレイは大迫力の超大型50インチ縦型モニターで画面いっぱいに映しだされる。『ポケモン』の世界に没入し、その世界観を疑似体験できるアミューズメントとなるだろう。

(C)2016 Poke’mon.
(C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. Developed by T-ARTS and MARV
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集