劇場アニメ「牙狼〈GARO〉」に萩原聖人と小宮有紗が演じる新キャラクター登場 | アニメ!アニメ!

劇場アニメ「牙狼〈GARO〉」に萩原聖人と小宮有紗が演じる新キャラクター登場

ニュース

劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』が、2016年5月21日より全国公開となる。テレビアニメシリーズ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』に続く物語とされる本作だが、今回新たなキャラクターも登場するようだ。
このほど新キャラクターとして、ダリオとサラの二人が発表された。演じるキャストも決まり、キャラクタービジュアルも公開されている。

『牙狼〈GARO〉』は2005年に特撮ドラマとして誕生し、長きにわたってファンを魅了し続けている。実写だけでなくアニメ化もされており、『‐DIVINE FLAME‐』につながる『‐炎の刻印‐』は、2014年から2015年にかけて半年間放送された。『‐DIVINE FLAME‐』はテレビシリーズから4年後の物語を完全新作で描く。

今回、明らかになった新キャラクターは、ダリオは魔戒騎士ゼムという役どころ。サラはバゼリアの姫である。
ダリオ役には、『逆境無頼カイジ』の伊藤開司や『闘牌伝説アカギ ~闇に舞い降りた天才~』の赤木しげるも好評を博した萩原聖人が演じる。サラ役は小宮有紗、『特命戦隊ゴーバスターズ』の宇佐美ヨーコや『ラブライブ!サンシャイン!!』の黒澤ダイヤ役でお馴染みだ。アニメのアフレコは初になる。
10周年を記念して制作されている本作、新たなキャラクターの搭乗にファンの期待も高まるだろう。引き続き情報を待ちたい。

劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』
5月21日(土)より、新宿バルト9他全国ロードショー
(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集