「comico音楽祭」楽曲付き特別マンガを4シーズン配信 第一弾はナノ、浦島坂田船とコラボ | アニメ!アニメ!

「comico音楽祭」楽曲付き特別マンガを4シーズン配信 第一弾はナノ、浦島坂田船とコラボ

ニュース

マンガ・小説配信アプリ「comico」にて、楽曲付き特別マンガを公開する「comico音楽祭」がスタートする。マンガとアーティストがコラボレーションし、2016年内の春、夏、秋、冬の4シーズンで多彩な作品を発表していく。

「comico音楽祭」は2015年11月に実施した「comico秋の音楽祭」を拡大リニューアルした取り組みである。「comico秋の音楽祭」はマンガと楽曲とコラボすることで新たな魅力が生まれ、新鮮な楽しみや感動を体験できると好評を博した。その反響を受けて、「comico音楽祭」ではアーティスト数や期間を拡大。1年間の企画として、4シーズン連続で作品を送り出す。
第一弾・春の音楽祭では総勢17組のアーティストとコラボを展開。作品の世界観やストーリーに合わせて書き下ろされたオリジナル楽曲付きの特別マンガを、4月15日より配信する。

参加アーティストは豪華な顔ぶれが揃った。『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』など様々なアニメとタイアップを手がけるナノ、『艦隊これくしょん -艦これ-』の主題歌を担当した女性アーティスト・西沢幸奏、WEBの動画投稿や生放送で絶大な人気を誇る男性ボーカルユニット・浦島坂田船など、総勢17組のアーティストが楽曲を手がける。「comico音楽祭」の開催によって、マンガとアーティストのまだ見ぬ魅力を提供する。

「comico」は2013年にサービスがスタート。現在では1200万ダウンロードを突破しているマンガ・小説配信アプリである。近年はアプリ内にアニメやラジオを視聴できる作品チャンネルを開設するなど、ユニークな試みで注目を集めている。
[高橋克則]

「comico」
(C)NHN comico Corp.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集