「ONE PIECE FILM GOLD」尾田栄一郎推薦の小島麻由美 劇中曲で作品に参加 | アニメ!アニメ!

「ONE PIECE FILM GOLD」尾田栄一郎推薦の小島麻由美 劇中曲で作品に参加

ニュース

7月23日に公開を迎える映画『ONE PIECE FILM GOLD』から、上映へ向けてさまざまな情報が届き始めた。先日は満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也という錚々たる人物がゲスト声優として出演することが明らかになったが、今回は劇中歌の情報だ。
本作では、総合プロデューサーを務める、尾田栄一郎からの熱望により、シンガーソングライター小島麻由美が劇中歌を担当することになった。

小島は1995年、シングル「結婚相談所」でデビュー。現在までに9枚のオリジナルアルバムを発表しているアーティスト。楽曲だけでなくジャケットのイラストも手掛けるなど多彩な才能を持った人物で、NHK「みんなのうた」に提供した「ふうせん」ではアニメ原画まで担当した経歴を持つ。
小島は「尾田先生から、ワクワクするリクエストをたくさんいただきました」とオファーを受けた時の状況をコメントで紹介。さらに劇中歌は、10分以上の長尺ビッグ・バンド・スウィングになることも明かしている。作中では、映画のオープニングを飾るショーの曲になるとのこと。

一方の尾田は「スタッフ一同、オープニングデモを聴いて「うわ!コレだ!!」モノホンなんですヤベーんですこの人、曲も歌も!」と興奮気味のコメントを発表している。
ジャズ、ブルース、スウィング何でもこなす小島の才能に惚れ込んだよう。尾田は「デビュー当時、音楽界の重鎮をのけぞらせたモンスター」と独特の表現で賛辞を送っている。
尾田は小島のお薦め楽曲にまで言及しており、「甘い恋」「ハートに火をつけて」などはぜひチェッくしてほしいという。小島の歌声をまだ知らない人は、劇場公開前に、これらの楽曲を確認しておくといいだろう。

そんな小島は、昨年から積極的な音楽活動を見せている。2015年はデビュー20周年の記念すべき年であり、ボックスセット「セシルの季節」や、イスラエルのバンドとのコラボレーションアルバムのリリースもあった。
今回の『ONE PIECE FILM GOLD』への楽曲提供を経て、10枚目のオリジナルアルバム発売にも期待が集まる。

『ONE PIECE FILM GOLD』
(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集