「銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記」オリジナルキャストによる朗読劇 全9章が完結 | アニメ!アニメ!

「銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記」オリジナルキャストによる朗読劇 全9章が完結

ニュース

田中芳樹のSFスペースオペラ『銀河英雄伝説』は、シリーズ全体を映像化したアニメでもお馴染みだ。そのなかでこれまで映像化のなかった外伝『銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記』がオーディオドラマ化されている。
ドラマ化にあたってはOVAのキャスト陣が再集結し、アニメ版のファンも納得の仕上がりになった。このほど本シリーズ全9章が完結した。

出演はユリアン・ミンツ役に佐々木望、ラインハルト役に堀川りょうをはじめ、懐かしい面々だ。キートン山田、羽佐間道夫、井上和彦、古川登志夫、榊原良子、広中雅志など、シリーズを彩った大物声優陣は、本作ならではの魅力だ。
『銀河英雄伝説』は1988年の第1作公開から30年近くが経過しているため、すでに他界したキャストも多い。だが本作はそうした部分は代役を立てず、日記形式である作品の構成を活かし、佐々木望がモノローグで演じている。
一方でアニメ未登場のキャラクターには、新たなキャストを立てている。アッシュビー元夫人役の高山みなみをはじめ、こちらも人気声優を起用している。豪華声優陣で注目を集めた『銀河英雄伝説』らしいキャスティングとなった。

オーディオブックは第1章「偶数年のできごと」から、第9章「出撃前夜」までをラインナップ。各章50分から1時間の大ボリュームで、キャストの独占インタビューも収録された。さらに全章購入特典としてキャラクタースペシャルボイス特集もあり、声優ファンも必聴の作品に仕上がっている。
なお『銀河英雄伝説 ダゴン星域会戦記』のオーディオブック化も進行中だ。ナレーションはオリジナルキャストの屋良有作を起用。「銀河の歴史がまた1ページ」の次回予告でもお馴染みの語りを再び味わえる。そのほかのキャストは4月14日に、『銀河英雄伝説』公式ニコニコチャンネルにて発表される。

『銀河英雄伝説』は2017年にProduction I.G制作の新アニメプロジェクトがスタートする。新たな幕開けに先駆けて、オーディオブックでこれまでの軌跡を振り返りたい。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集