「ネオロマンス 20th アニバーサリー・フィナーレ」集大成イベントは新作情報続々 | アニメ!アニメ!

「ネオロマンス 20th アニバーサリー・フィナーレ」集大成イベントは新作情報続々

2015年12月5・6日の二日間、パシフィコ横浜の国立大ホールで「ネオロマンス 20th アニバーサリー・フィナーレ」が全4回開催された。ここでは12月5日の昼公演の様子をレポートする。

イベント・レポート
撮影/大山雅夫
  • 撮影/大山雅夫
  • 撮影/大山雅夫
  • 撮影/大山雅夫
2015年12月5・6日の二日間、パシフィコ横浜の国立大ホールで「ネオロマンス 20th アニバーサリー・フィナーレ」が全4回開催された。コーエーテクモゲームスが手掛ける女性向けゲーム「ネオロマンス」シリーズが20周年を迎え、記念すべき年の集大成イベントである。ここでは12月5日の昼公演の様子をレポートする。

12月5日に登壇したのは『アンジェリーク』シリーズから速水奨さん、神奈延年さん、堀内賢雄さん、森川智之さん。『遙かなる時空の中で』シリーズから保志総一朗さん、置鮎龍太郎さん、阿部敦さん、竹本英史さん。『金色のコルダ』シリーズから伊藤健太郎さん、内田夕夜さん。『ネオ アンジェリーク』シリーズから高橋広樹さん、楠大典さん。『下天の華』シリーズから檜山修之さん、岡本寛志さん。そしてスペシャルゲストに平川大輔さん、柿原徹也さんと豪華すぎる出演者たちが並んだ。キーボードの演奏は、キャラクターソングを多数手掛ける竹本隼也さんが担当した。

開演前にはコーエーテクモのマルチアクティブユニット「アンフィニ」が登場した。客席に降りてトークをしたり、12月17日に発売する『アンジェリーク ルトゥール』の主題歌『天使の翼~Carry on your dream~』を披露した。
ステージが始まると、オープニングからステージに立っている出演者たちがキャラクターの声で観客、もとい客席にいるヒロインたちに呼びかけた。続く出演者の紹介オープニングは圧巻だ。豪華な出演者たちに黄色い声援が飛び交い、スタートから既に会場には一体感ができていた。

イベントはライヴコーナーやミュージックショー、バラエティコーナーや作品紹介コーナーなど、とにかく盛りだくさんである。20周年という記念すべきイベントということもあり、ライヴコーナーでは本人以外の出演者が参加するスペシャルコラボも行われた。さらにミュージックショーの導入部分のドラマでは、違う作品のキャラクター3名ずつが登場し会話をするシーンも。ネオロマンスシリーズでは、現代が舞台なのは『金色のコルダ』しかなく、異世界のキャラクター達の会話という不思議な空間が広がっていた。作品混合イベントならではの夢のコラボだろう。

バラエティーコーナーでは「○×で大分析! 20th Question」が行われ、速水さん、置鮎さん、阿部さん、高橋さん、檜山さん、柿原さんが登場。「20年間続けている習慣がある」「『金色のコルダ』のように弾いてみたい楽器がある」「演じたいネオロマンスキャラクターがいる」など5問の質問に○と×が描かれた札で答えた。「弾きたい楽器がある」という質問には全員が○を上げ、弾けないからと答える出演者が続出したが、高橋さんが全員「(声という)良い楽器持ってますよ」と話を〆た。「20年間続いている習慣」には、速水さんは毎日朝食つくりを欠かさないと話し、周りのキャストや客席からは感嘆の声が上がった。トークでは他にも、檜山さんが演じている百地に対して、自分にとって珍しく完成された大人のキャラクターであることから「ついていくのが精一杯」と話したり、終始笑いの絶えない和やかな雰囲気で行われた。

クリスマスが近いこともあり、「Xmas present for you」というプレゼントを贈るキャラクター達のメッセージも届けられた。新たなニュースも多く公開され、『ネオ アンジェリーク』の新作ゲーム、『金色のコルダ』のスマホゲームの新展開、『下天の華』や『遙かなる時空の中で』のイベントなどの新情報が明かされた。

多くの新展開から、次の30周年に向かってこれからも走り続けるというキャストやスタッフたちの意気込みを感じるイベントとなった。そしてそれを支えるファンの想いも強く感じられた。今後どのような展開や広がりを見せるのか、動向を引き続き見守りたい。
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集