「ラブライブ!スクフェス」国内ユーザー数1300万人突破 アーケード版も制作決定 | アニメ!アニメ!

「ラブライブ!スクフェス」国内ユーザー数1300万人突破 アーケード版も制作決定

ニュース

スマートフォン向けゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」(スクフェス)の国内ユーザー数が11月14日に1300万人を突破した。単純計算で日本人の10人にひとりがユーザーという驚異的な数字となっている。
国内ユーザー数が1000万人を突破は、2015年6月。わずか5か月でさらに300万人ものユーザーを獲得したことになる。

『ラブライブ!』は音楽、アニメ、ゲームなどのメディア横断型のプロジェクトで、2013年にはテレビアニメ化、2015年には劇場版も公開された。作中から飛び出したユニット μ'sは、2015年大晦日の第66回NHK紅白歌合戦出場も決定した。

スクフェスはμ'sメンバーとともにライブの成功を目指すリズムアクションゲーム。ゲームの進行状況に応じて開放されるストーリーを通じてキャラクターの新たな一面を知ることもできる。手軽な操作とキャラクターの魅力で人気を集めている。
国内ユーザー1300万人突破を記念して、2015年12月1(火)から一週間、ログインボーナスキャンペーンも行なわれた。この期間にログインすると一日一個、レアカードが手に入る。

またスクフェスのアーケード版開発も決定した。これまでは手元で手軽に遊べたが、アーケード版ではよりダイナミックなゲームが楽しめそうだ。詳細は後日発表されるとのことだ。スクフェスの新たな楽しみかたを提案することになりそうだ。
《高松拳人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集