「あつ森」公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む! | アニメ!アニメ!

「あつ森」公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!

『あつまれ どうぶつの森』の公式CMやトレーラーにはデザインを学べるシーンがいろいろあるのです。10項目でまとめました。

ニュース
注目記事
『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!
  • 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!

『あつまれ どうぶつの森』のCMなど公式の映像を見ていると「すごくオシャレに島作りされてるな~」と感心することがよくあります。さすが公式だけあって、デザインのテクニックもかなりのもの。

この記事では、公式映像からわかるいろいろなテクニックを10項目にしてひとまとめ。これを真似してみれば、あなたの島もよりおしゃれになるかも?

■関連記事

種類の違う柵を置く


画像は[2020.7.30 配信] あつまれ どうぶつの森 夏の無料アップデート 第2弾 - YouTubeより

柵は一種類をバッと並べたくなりますが、それでは見た目が単調になってしまいます。家の周囲には「ようふうのさく」を置き、海岸の入り口に「ペグとロープ」を置く方法をとると、場所の区分けがうまくできるわけですね。

さりげない靴下


画像は[2020.7.30 配信] あつまれ どうぶつの森 夏の無料アップデート 第2弾 - YouTubeより

靴下は履くだけにあらず! 家の中に置いておけば脱ぎ捨てたかのような雰囲気を出すことができます。あまりにもキレイな部屋だと生活感も出ないので、このくらいのだらしなさがポイントになるのでしょう。

規則性のない「まるたのくい」


画像は[2020.7.30 配信] あつまれ どうぶつの森 夏の無料アップデート 第2弾 - YouTubeより

「まるたのくい」もつい並べたくなるアイテムですが、あえてバラバラに配置することで画面ににぎやかさを出すことができます。もともと自然豊かな島が舞台なわけで、すべて等間隔に配置するよりも、こういったランダム性を取り入れるとアクセントになるのでしょう。

遠近法


画像はあつまれ どうぶつの森 夏CM2 - YouTubeより

背の高い家具は、遠くのほうに置くことで遠近法を表現できます。たとえば夏のCMでは木を配置し、さらにその奥に「スペースシャトル」を遠くに置くことで、島の広さを表現できているのです。背が高い家具を置く場合は遠近法を意識してみると写真映えするスポットが作れそう。

雑草


画像はあつまれ どうぶつの森 夏CM2 - YouTubeより

また、雑草も重要なアイテムです。畑のような場所に生やすのもいいですし、道の脇にランダムに生やすことで自然豊かな環境を再現可能。ほどよく生やすのがポイントです。


『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!

《すしし》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集