「デジモンアドベンチャー tri.」先行上映会に花江夏樹、三森すずこ、M・A・Oが登壇 | アニメ!アニメ!

「デジモンアドベンチャー tri.」先行上映会に花江夏樹、三森すずこ、M・A・Oが登壇

ニュース

『デジモンアドベンチャー tri.』プレミア先行上映会
  • 『デジモンアドベンチャー tri.』プレミア先行上映会
  • (C)本郷あきよし・東映アニメーション
「デジモンアドベンチャー」シリーズ15周年を記念した最新作『デジモンアドベンチャー tri.』第1章「再会」が11月21日からイベント上映をスタートする。それに先駆け、10月23日にはプレミア先行上映会が開催された。
会場となった東京・新宿バルト9には、八神太一役の花江夏樹さん、武之内空役の三森すずこさん、八神ヒカリ役のM・A・Oさんが登壇。全6章の幕開けを飾る本作についてトークを繰り広げた。

小学生の頃に初代『デジモンアドベンチャー』をリアルタイムで見ていた花江さんは「今ここに立っていることに緊張していて震えています。だって太一ですよ?」とコメント。「僕が太一の高校生になった姿を演じるなんて絶対にないと思っていたので、とても感激です」とその想いを口にした。

本作は人間側のキャストが一新された一方、デジモンを演じるキャストは続投しているのもポイントである。アフレコの様子について聞かれると、「最初はすごく緊張しました」と声を揃えた3人だが、先輩たちも優しく迎えてくれたことを明かした。
M・A・Oさんは「テイルモン役の徳光(由禾)さんに挨拶したとき、『パートナー、これからよろしく』と言っていただいて、もう泣くかと思いました」と語っており、新たにタッグを組む声優陣のコンビネーションも見どころになりそうだ。

作品について聞かれた三森さんは「『デジモンアドベンチャー tri.』は、あの頃デジモンを見て育った皆さんも、大人になった初めて見るよという皆さんも、いろんな方に楽しんでもらえる作品になっているので、是非たくさんの方に観ていただきたい」とメッセージを伝えた。
最後に花江さんは、デジモンの大ファンであるアナウンサーの松澤千晶さんから「本当に良かったです!」と号泣されたというエピソードを披露。そして「まだまだ第6章まで続くので、引き続き応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集