「デジモンアドベンチャー tri.」ナレーションは平田広明 アナウンサー役に松澤千晶 | アニメ!アニメ!

「デジモンアドベンチャー tri.」ナレーションは平田広明 アナウンサー役に松澤千晶

ニュース

「デジモンアドベンチャー」シリーズ15周年を記念した『デジモンアドベンチャー tri. 第1章』は11月21日に全国10館にて劇場上映がスタートする。シリーズの続編となる全6章の幕開けを飾る本作に、熱い視線が注がれている。
本作ではシリーズでお馴染みの平田広明さんが、今回もナレーションを務めることが決定している。長年のファンにうれしい起用だ。さらに「デジモン」の大ファンとして知られるフリーアナウンサーの松澤千晶さんが出演することも明らかになった。11月に向けてますます盛りあがりを見せている。

平田広明さんは『TIGER & BUNNY』のワイルドタイガー役や『ONE PIECE』のサンジ役など、様々な作品でメインキャラクターを務めてきた人気声優だ。これまで「デジモン」シリーズでナレーションを務め、レオモンやヤマトの父親などキャラクターの声も担当した。
今回の新作『デジモンアドベンチャー tri. 第1章』でも引き続きナレーションを務める。

一方、松澤千晶さんは大の「デジモン」フリークとして知られる。『デジモンアドベンチャー tri.』の制作が発表された15周年記念イベントでは司会を務めていた。本作ではデジモンに関わるニュースを伝えるアナウンサー役を担当。キャラクターデザインは松澤さんを彷彿とさせる仕上がりとなっており、こちらも楽しみな発表となった。
平田さんと松沢さんはそれぞれコメントを発表している。二人にとっても「デジモン」シリーズはかけがえのない存在のようだ。作品への想いが伝わってくるコメントを確認し、新シリーズの幕開けに備えたい。

『デジモンアドベンチャー tri. 第1章』は『デジモンアドベンチャー02』での最後の戦いから3年後が舞台。高校生になった主人公・八神太一をはじめ、お馴染みのキャラクターたちの成長した姿が描かれている。監督は『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』の元永慶太郎さんが務める。
[高橋克則]

[キャストコメント]
平田広明さん
「デジモン」シリーズは、僕にとって初めてが多い作品でした。
ナレーションのお仕事も初めてでしたし、アニメにシリーズでレギュラー出演することも初めてでした。
また、人間以外のキャラクターを演じるのも初めてで、色々なキャラを演じさせて頂きました。
「デジモン」は、いま活躍している声優のみなさんがまだ若かった頃の作品ということもあって、
僕に限らず、声優みんなにとって大切な作品ですが、
当時見ていた子供たちが大きくなってこの作品を観るということは、僕よりずっと感慨深いことだと思います。
「デジモンアドベンチャー tri.」の世界観は「デジモンアドベンチャー」を引き継いで、
子どもたちもデジモンも進化している。当時はこうだったな、と振り返りながら観ると楽しいのではないでしょうか。
第1章は冒頭のナレーションだけなので、開始時刻に少しでも遅れてきたら僕の出番終わっているので、
みなさん遅れちゃだめですよ。

松澤千晶さん
自分にとって「デジモンアドベンチャー」という作品は、いつもいつでも心の中にあって、
常に現在進行形でしたが、まさか現実的に何年もの月日が流れた先でこのように再会できるなんて…。
恐れ多くも、私自身もこの世界の現実的な役割として、情報を伝えるという形で参加させていただきました。
この世界では大変なことが起こっているのだと感じながら。
子供たちもニュースを真面目に見るような年齢になったのね、なんて思いながら…笑。
あの頃はすぐ泣いたり叫んだりしていた子供たちが物事を考えるようになって、少しずつ大人になろうとしています。
子供でもない、大人でもない、そんな"選ばれし子どもたち"のデジモンや仲間たちとの向き合い方。
この新しい冒険の1ページを皆様と共にめくることができ、心より嬉しく思っております。

『デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」』
劇場3週間限定上映 全国10館/劇場版Blu-ray 先行発売/先行有料配信
2015年11月21日(土)同時スタート
(c)本郷あきよし・東映アニメーション
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集