「ガラスの花と壊す世界」東京国際映画祭レッドカーペットに 舞台挨拶も | アニメ!アニメ!

「ガラスの花と壊す世界」東京国際映画祭レッドカーペットに 舞台挨拶も

ニュース

2016年1月9日全国公開のオリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』は第28回東京国際映画祭での上映が決定している。今回は新たに、レッドカーペットへの参加と舞台挨拶の開催が明らかになった。メインキャストとスタッフがそれぞれ登壇する予定だ。

まず10月22日のレッドカーペットには、リモ役の花守ゆみりさん、石浜真史監督、石原良一プロデューサーが登壇。大勢のオーディエンスの前でどのような胸の内を語るのか注目である。レッドカーペットの一般観覧席の入場には、当日10時30分より配布する整理券が必要となる。詳細は東京国際映画祭の公式サイトを確認してほしい。
そして29日に新宿バルト9にて行なわれる上映会では舞台挨拶も実施する。こちらには花守さん、石浜監督、石原プロデューサーの3人に加えて、デュアル役の種田梨沙さんが出演。すでに19時50分の回と22時00分の回のどちらも満員となっており、期待の高さがうかがえる。晴れの舞台で開催されるレッドカーペットと舞台挨拶は盛り上がりを見せそうだ。

『ガラスの花と壊す世界』ポニーキャニオン主催の「アニメ化大賞」を受賞した『D.backup』が原作だ。すでに「月刊ニュータイプ」ではノベライズ、「電撃G'sコミック」ではコミカライズが決定しており、メディアミックス展開で映画公開を盛り上げていく。
監督は『新世界より』の石浜真史さん、キャラクター原案は『変態王子と笑わない猫。』のカントクさん、脚本は『AIR』『CLANNAD』の志茂文彦さんが担当。アニメーション制作はA-1 Picturesが行う。
第28回東京国際映画祭は10月22日から31日まで開催。今年も特集上映「ガンダムとその世界」をはじめ、アニメ作品が多数ラインナップされている。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

特集