「信長協奏曲」90秒の新予告編を公開 小栗旬、柴咲コウら、メインキャストが集結 | アニメ!アニメ!

「信長協奏曲」90秒の新予告編を公開 小栗旬、柴咲コウら、メインキャストが集結

ニュース

(c)石井あゆみ/小学館 (c)2016「信長協奏曲」製作委員会
  • (c)石井あゆみ/小学館 (c)2016「信長協奏曲」製作委員会
映画『信長協奏曲』は2016年1月23日に全国公開を迎える。このたび、最新予告編のWEB配信がスタートした。本作の世界観が90秒間に凝縮されており、主人公・サブロー役と明智光秀の一人二役を演じた小栗旬さんをはじめ、豪華キャスト陣が集結している。

『信長協奏曲』は2014年にフジテレビ月9ドラマ初の時代劇として放送され、最高視聴率15.8%を記録する大ヒットとなった。その劇場版ではドラマを彷彿とさせる和気あいあいのシーンはもちろん、大規模な合戦シーンやクライマックスの本能寺の変まで、息をつかせぬストーリーが展開される。


今回の90秒の予告編では、サブローが戦国時代にタイムスリップし、織田信長として日々を過ごす様子が描かれている。信長の史実を知って困惑するサブロー役の小栗旬さんや、その正室である帰蝶役の柴咲コウさんら、メインキャスト陣が登場。生き生きとした表情でキャラクターたちを演じている。
合戦シーンではサブローが銃で撃たれる衝撃的なカットや、秀吉役の山田孝之さんが明智光秀の「敵は本能寺にあり!」という歴史的なセリフを叫ぶ場面も用意された。さらにサブローが帰蝶に「あげようか、結婚式」「俺と一緒に生きてください」とプロポーズをするドラマチックなシーンもあり、多彩な魅力を楽しむことができそうだ。

映像のラストには剣を構える秀吉と覚悟を決めた表情のサブローの姿が収められている。「さらば、信長」の文字がファンの期待を煽る内容に仕上がった。
なお最新予告編は10月24日から全国の劇場でも上映される予定だ。劇場では第2弾ポスターやチラシを掲出しており、映画公開を大きくアピールしていく。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集