宮地昌幸が小説家 書き下ろしデビュー「さよならアリアドネ」刊行 主人公は“アニメーター” | アニメ!アニメ!

宮地昌幸が小説家 書き下ろしデビュー「さよならアリアドネ」刊行 主人公は“アニメーター”

ニュース

『亡念のザムド』や『伏 鉄砲娘の捕物帳』の監督で知られるアニメ演出家・宮地昌幸さんによる書き下ろしデビュー作が登場する。2015年10月22日、早川書房より『さよならアリアドネ』が刊行される。新進気鋭のアニメ監督が、小説でどのような物語を見せてくれるのか注目される。

宮地昌幸さんは、宮崎駿監督の主催する東小金井村塾出身のアニメ演出家だ。『千と千尋の神隠し』の監督助手を皮切りに、『OVERMANキングゲイナー』など多数のアニメ作品に演出として携わってきた。
2008年に『亡念のザムド』で初監督を務め、2012年には長編劇場作アニメ『伏 鉄砲娘の捕物帳』を手がけた。また著作に、自作の小説版『新説 亡念のザムド』がある。

今回刊行される『さよならアリアドネ』は、宮地さんの記念すべき書き下ろしデビュー作だ。物語の舞台は吉祥寺で、主人公・服部政志の職業は「アニメーター」。タイムトラベルを繰り返し、絶望的な未来を回避するために奮闘する服部の姿が描かれる。
作品のテイストとしては、ユーモア溢れるコメディでありながら、思わず涙ぐんでしまうようなシーンもあるという。さらに映像を見るように次々とストーリーが展開し、読者を飽きさせない小説となっているとのことだ。
小説の発売日は2015年10月22日。価格は税込みで799円だ。主人公は「アニメーター」ということで、アニメファンにも注目の小説となりそうだ。

大した業績は無いものの、愛する妻・陽子とともに平穏な日々を謳歌していた30代のアニメーター・服部政志。そんな彼の前に突然現れたアリアドネ邦子は、絶望的な宣告をする。「15年後の8月23日を境に、あなたは不幸になり続け……二度と幸福になることはありません!」
やがて来たる破滅を回避するためには、タイムトラベルを繰り返し、陽子との幸せな生活を取り戻す手がかりを探さなければならない。はたして、希望にあふれた明るい未来を取り戻すことはできるのか、そして、アリアドネ邦子にまつわるヒミツとは……。

《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 第22回電撃大賞の受賞作品が決定 小説部門は4年連続で2作品が大賞 画像 第22回電撃大賞の受賞作品が決定 小説部門は4年連続で2作品が大賞
  • 「屍者の帝国」完成披露に細谷佳正、花澤香菜、牧原監督らが感無量 画像 「屍者の帝国」完成披露に細谷佳正、花澤香菜、牧原監督らが感無量
  • アニメ「GANGSTA.」 第3巻以降のBlu-rayとDVDの発売延期 画像 アニメ「GANGSTA.」 第3巻以降のBlu-rayとDVDの発売延期

特集