新千歳空港国際アニメーション映画祭2015がノミネート作品発表 爆音上映や最新人気アニメも | アニメ!アニメ!

新千歳空港国際アニメーション映画祭2015がノミネート作品発表 爆音上映や最新人気アニメも

ニュース

空港で本格的な国際映画祭と驚きを与えた新千歳空港国際アニメーション映画祭が、2015年に再び開催される。10月31日から11月3日までの4日間、昨年に引き続き新千歳空港ターミナルビルを会場とする。
映画祭はコンペティションをはじめ、日本で上映される機会の少ない海外のアニメーション作家の作品上映や国内商業アニメなど幅広い企画を用意する。アニメーションの多様な姿をみせるのが特徴だ。

10月5日、映画祭のスケジュールと全招待作品、ゲスト情報、それに2015年より新設するミュージックアニメーションコンペティション部門のノミネート作品も発表された。2015年は世界59ヵ国・地域から1103のエントリーがあり、すでにインターナショナルコンペティションに51作品、日本コンペティションに10作品が選ばれたが、これにミュージックアニメーションコンペティションの13作品が加わる。
またゲストには人気声優やアニメーション作家の大家ら多彩な人物が並ぶ。ここも本映画祭ならの楽しさになっている。

招待作品上映部門は、爆音上映や国内長編アニメ、海外作品、それに作家にフォーカスした短編特集、北海道在住作家特集、国内学生アニメーション特集などである。爆音上映は、『イエロー・サブマリン』『スチームボーイ』『イノセンス』『ロジャー・ラビット』の4作品となる。
アニメファンには劇場版『進撃の巨人』[前編]と[後編]、『劇場版 弱虫ペダル』『日本アニメー(ター)見本市』『花とアリス殺人事件』などが人気を呼びそうだ。ゲストも豪華だ。
『進撃の巨人』ではミカサ役の声優・石川由依さん、『弱虫ペダル』は小野田坂道役・山下大輝さん、鳴子章吉役の福島潤さんが出演する。「日本アニメー(ター)見本市」は映像ディレクター・映像作家の吉崎響さん、『花とアリス殺人事件』はロトスコープアニメーションをディレクションした久野遥子さんとこちらは映像づくりに関心ある人にぴったりだ。
海外からはアダム・エリオット、チャン・ヒョンユン、ケイレブ・ウッド、チャールズ・フェットナーといった大物作家が来日する。Cartoon Brew編集長のアミッド・アミディさん、オランダ国際アニメーション映画祭ディレクターのゲルベン・シュレーマーさんも貴重な作品を提供するに違いない。

プログラムに参加するには、全期間パスポート当日3000円、前売り2500円、1dayパスポート当日2000円、前売り1500円、さらにプログラムごとのチケットは当日の1000円となっている。
新千歳空港国際アニメーション映画祭は、昨年は期間中約3万人が訪れる大盛況となった。2015年はスタート2年目とは思えないほど充実ぶりとなっている。期間中気軽に足を向けるのもいいだろう。詳細は公式サイトで確認できる。

新千歳空港国際アニメーション映画祭2015
http://airport-anifes.jp/
開催日程: 2015年10月31日(土)-11月3日(火・祝)
会場: 新千歳空港ターミナルビル
主催: 新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載]
《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集