「ARIA The AVVENIRE」舞台挨拶 8年ぶりの集結に感涙のキャスト陣 | アニメ!アニメ!

「ARIA The AVVENIRE」舞台挨拶 8年ぶりの集結に感涙のキャスト陣

イベント・レポート

「ARIA The AVVENIRE」舞台挨拶 8年ぶりの集結に感涙のキャスト陣
  • 「ARIA The AVVENIRE」舞台挨拶 8年ぶりの集結に感涙のキャスト陣
  • 「ARIA The AVVENIRE」舞台挨拶 8年ぶりの集結に感涙のキャスト陣
  • (c)2015 天野こずえ/マッグガーデン・ARIA カンパニー
9月26日、多くのファンが待ち望んだアニメの上映がスタートした。佐藤順一監督によるアニメ『ARIA The AVVENIRE』だ。タイトルからも分かるとおり本作は、天野こずえ原作によるマンガ『ARIA』のアニメシリーズの最新作となる。00年代後半に一世風靡した人気作品の7年振りのシリーズ新作である。
本作はテレビアニメ登場から今年で10周年、メモリイアルイヤーにまたひとつ忘れられない作品が誕生した。しかも監督は佐藤順一、脚本に吉田玲子、キャスト陣もシリーズ引き続きとうれしい布陣だ。

26日には、東京・新宿ピカデリーにて、佐藤順一監督、それに灯里役の葉月絵理乃、藍華役の斎藤千和、アリス役の広橋涼、アリシア役の大原さやか、アリア社長役の西村ちなみ、晃役の皆川純子のキャスト6人が揃った初日舞台挨拶が行われた。このメンバーが揃うのは、2007年に開催された『ARIA The OVA ~ARIETTA~』の発売記念イベント以来だという。約8年振りとなる。
それだけ登壇者たちの思いも特別なものだったに違いない。キャスト陣からは感慨深い挨拶が語られた。懐かしさと同時に、アフレコに向けて泣きそうになったエピソードなどが紹介された。実際に挨拶でも感極まり泣いてしまうシーンもあり、『ARIA The AVVENIRE』本編同様に、暖かさに溢れるものとなった。

佐藤順一監督は、本作みどころについて、ファンへの感謝の気持ちも込めて次のようにメッセージを送る。
「今回ARIAの世界の音楽を5.1chにリミックスしたのですが、世に出ていない歌を本編に生かすことができたことが、キセキだと思います。
この作品を私にオファー頂いて今改めて感謝の気持ちでいっぱいでいます。そして今作を愛してくれて、大事にしてくれたファンの皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。本当にキセキのようなこの機会をめいっぱい楽しんで、しばらくの間このネオ・ヴェネツィアの世界を楽しみましょう。」
久々の灯里たちの新たな活躍。これを観るために劇場に訪れる人も多そうだ。

『ARIA』は、“未来形ヒーリングコミック”を掲げる天野こずえが描いた人気マンガだ。単行本累計420万部というヒット作である。2005年に『ARIA The ANIMATION』、2006年に『ARIA The NATURAL』、2007年に『ARIA The OVA ~ARIETTA~』、2008年に『ARIA The ORIGINATION』と次々にアニメ化された。マンガの連載は終了しているが、その人気は根強い。
最新作では、次世代を担う後輩たちも育ち始めているなかでの灯里らを描く。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集