南條愛乃「TOKYO 1/3650 ミンナとつながる365日×???」 キャリア10年目の初ワンマン | アニメ!アニメ!

南條愛乃「TOKYO 1/3650 ミンナとつながる365日×???」 キャリア10年目の初ワンマン

イベント・レポート ライブ

9月13日、人気声優、そしてアーティストとしても活躍する南條愛乃さんの1stワンマンライブ「Yoshino Nanjo 1st LIVE TOKYO 1/3650 ミンナとつながる365日×???」が東京・豊洲PITにて開催された。キャリア10年目、初めてのワンマンワンマンライブは多くのファンで満員となり、大熱気となった。 

南條愛乃さんは、『Robotics;Notes』瀬乃宮あき穂役や『ラブライブ!』の絢瀬絵里役などの人気声優として活躍する。一方、アーティストとしては、音楽ユニットfripSideや『ラブライブ!』のユニットμ’sなどで積極的に活動している。多彩な活動でファンからの支持を得ている。
しかし、意外にもワンマンライブは今回の「TOKYO 1/3650 ミンナとつながる365日×???」がはじめてだ。それだけに今回のステージには、南條さんもとりわけ気合いが入ってたようだ。ステージセットや衣装なども、自らデザインに参加し、世界観の構築を行った。

東京公演では、最新アルバム「東京1/3650」を体感して欲しいというコンセプトのもとでセットリストが組まれた。シングルカップリング曲やミニアルバム「カタルモア」の曲も交えつつ、アルバム収録順に全18曲が披露された。
南條さんはこれらの楽曲を歌詞や楽曲のイメージを大切に丁寧に歌い上げ、ファンがその歌声に耳を傾けた。とろわけ本編ラストに演奏された「きみを探しに」では、会場全体が熱い一体感に包まれた。

ライブを終えた南條さんは「集まってくれた皆さんが作りだす空気がとても暖かく、本当に楽しかったです。今回来れなかった方とも、またこうして会場でお会いできたら嬉しいです」とコメントした。
なお今回のライブはdアニメストアで配信することが決定している。詳細は後日発表される。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集