「真・仮面ライダー/序章」「ZO」「J」3作品がBD-BOXに 雨宮慶太参加の人気作 | アニメ!アニメ!

「真・仮面ライダー/序章」「ZO」「J」3作品がBD-BOXに 雨宮慶太参加の人気作

ニュース

(c)1992 東映・東映ビデオ・石森プロ(c)1993 東映・東映ビデオ・石森プロ(c)1994 東映・東映ビデオ・石森プロ
  • (c)1992 東映・東映ビデオ・石森プロ(c)1993 東映・東映ビデオ・石森プロ(c)1994 東映・東映ビデオ・石森プロ
  • (c)1992 東映・東映ビデオ・石森プロ(c)1993 東映・東映ビデオ・石森プロ(c)1994 東映・東映ビデオ・石森プロ
「牙狼」シリーズなどで知られる雨宮慶太監督は、特撮ヒーローの演出を代表する存在だ。そんな雨宮監督は「仮面ライダー」シリーズにも傑作を残している。
雨宮監督が90年代に参加した『真・仮面ライダー/序章』『仮面ライダーZO』『仮面ライダーJ』をまとめたBlu-ray BOXの発売が決定した。「仮面ライダー:真・ZO・J Blu-ray BOX」として12月24日にリリースされる。

収録される3作品は大祭である。なかでも『真・仮面ライダー/序章』はシリーズの中でもとりわけ大人向きとされている。少し濃いめのストーリーを堪能できる。
1993年公開の映画『仮面ライダーZO』と94年公開の映画『仮面ライダーJ』は、雨宮慶太さんが監督とキャラクターデザインを担当。『ZO』は原点回帰がコンセプト、『J』はライダーの巨大化に挑戦し、ユニークな世界観を構築していった。
それに先駆け、シリーズ20周年記念作品として92年に制作されたオリジナルビデオ『真・仮面ライダー/序章』は、雨宮さんがスーパーバイザーを担当している。大人の視聴者を意識したハードなストーリーやリアルな変身描写が話題を集めた。

「仮面ライダー:真・ZO・J Blu-ray BOX」では、雨宮さんがBOXイラストを描き下ろしたのも見逃せないポイントである。HDリマスター化が施された本編はもちろん、BOXの仕上がりも要注目である。
特典にはこれまではVHSでのみでしかリリースされていないOVA『仮面ライダーSD』のHDリマスター版を収録する。特撮ファンだけでなくアニメファンにとっても見逃せない内容だ。
そのほかデジタルギャラリーとして『ZO』と『J』の資料や、全12ページのオールカラーブックレットを収録。さらに3作品のDVDに収められていたインタビューやメイキング映像などの特典も視聴することができる。価格は15000円(税抜)を予定している。
[高橋克則]

「仮面ライダー:真・ZO・J Blu-ray BOX」
発売日: 2015年12月24日
価格: 15000円(税抜)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集