「サイボーグ009VS デビルマン」 マンガ、小説でも活躍   | アニメ!アニメ!

「サイボーグ009VS デビルマン」 マンガ、小説でも活躍  

ニュース

イラスト:吉富昭仁 (C)石森プロ (C)永井豪/ダイナミック企画
  • イラスト:吉富昭仁 (C)石森プロ (C)永井豪/ダイナミック企画
  • (C)2015「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会
二大ヒーローが激突する話題作『サイボーグ009VS デビルマン』が、10月17日より上映がスタートする。すでに大きな話題を呼んでいる本作が、コミカライズ化、そしてノベライズ化されることになった。
マンガは10月よりウェブマガジンの「水曜日のシリウス」で連載を開始する。一方、小説は『サイボーグ009VS デビルマン トゥレチェリイズ~裏切り者たち~』とタイトルされ、9月25日に発売する。

『サイボーグ009VSデビルマン』は、石ノ森章太郎の『サイボーグ009』と永井豪の『デビルマン』がコラボレーションした。長年、愛されてきたふたつの作品がまさかのコラボレーションとして注目を浴びている。10月17日からのイベント上映は、2週間限定となる。

今回発表されたコミカライズは、本作をマンガとして描くことになる。二人の巨匠のキャラクターを現代に甦らせるのは吉富昭仁である。『EAT-MAN』『BLUE DROP~天使の僕ら~』などのヒット作を持つ人気作家だけに、その作品も期待だ。
すでに吉富昭仁によるサイボーグ戦士とデビルマンのシルエットが描かれたイメージイラストも公開されている。マンガの連載は10月よりウェブマガジンの「水曜日のシリウス」でスタートする。さらに10月26日に発売する「月刊少年シリウス12月号」では、試し読み小冊子が特典付録として付属、ここでも第1話を読むことができる。

ノベライズの『サイボーグ009VS デビルマン トゥレチェリイズ~裏切り者たち~』は、『サイボーグ009VS デビルマン』の構成・脚本を担当した早川正さんが執筆する。本編の前日譚となる。
島村ジョーとデビルマンの運命的な出会いや、闘う理由などが書かれる。本編をさらに楽しめる内容となっている。10月17日の上映に先駆け、9月25日より発売する。価格は648円となっている。

公開に向けて続々と情報が登場し、ファンの期待も高まっている。コミカライズ、ノベライズでどのような物語が繰り広げられるのか、注目である。

『サイボーグ009VS デビルマン』
2015年10月17日(土)より、新宿バルト9ほか2週間限定イベント上映
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集