くるりの新曲MVと高橋留美子の世界がコラボ ロックとマンガの大胆な融合 | アニメ!アニメ!

くるりの新曲MVと高橋留美子の世界がコラボ ロックとマンガの大胆な融合

ニュース

2016年にバンド結成20周年を迎える京都出身のロックバンド・くるりが、新曲「ふたつの世界」が人気のマンガ家・高橋留美子とコラボレーションする。「ふたつの世界」のMVに高橋留美子の原画を使用した。
「ふたつの世界」は、NHK Eテレで放送中のアニメ『境界のRINNE』のエンディングテーマとして起用されている。くるりのとっては、これがアニメとの初のタイアップで話題を呼んでいた。

今回のMVは、そんなコラボレーションをさらに広げることになる。「ふたつの世界」は、9月16日にニューシングルとしてリリース予定、発売を目前に控えたタイミングでのミュージックビデオが公開である。
ミュージックビデオは日本語と英語詞の2パターンが用意されている。映像ではその両方を楽しめる。高橋留美子は海外でも人気が高いだけに、国外のファンからも喜ばれそうだ。



ミュージックビデオでは、「ふたつの世界」の曲調や歌詞のイメージにあわせて幾何学モーショングラフィックを生かしたポップなトーンの仕上がりを見せている。
何よりも見どころになっているのが、『境界のRINNE』の原作者である、高橋留美子氏の原画を使用した力強いアートを取り入れている点だ。高橋留美子氏のアートはCDジャケットにも採用されているが、それに続いてのコラボレーションと鳴る。

なお、シングルの初回限定盤のみに付属される、1stアルバム『さよならストレンジャー』、2ndアルバム『図鑑』の再現ライブ音源を14曲収録した「NOW AND THEN DISC」のトレーラー映像も完成した。こちらは9月14日より、くるりオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されている。

画像:(C)高橋留美子/小学館 (C)高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集